深海魚を「揚げかまぼこ」にして食べてみたら見た目とのギャップに驚き

7月14日(土)6時0分 Jタウンネット

ニュウドウカジカ(NOAA MBARIさん撮影、Wikimedia Commonsより

写真を拡大

[OH!バンデス - ミヤギテレビ] 2018年7月2日放送で底引き網業で摂れる深海魚について紹介していました。


仙台市宮城野区にある仙台うみの杜(もり)水族館で6月30日に特別イベント「深海生物を語る・触る・食う」が行われました。深海魚は水深200メートルよりも深い場所に住む魚類で、その多くは生体が謎だらけといわれています。



ヌメヌメ硬い


今回のイベントでは30種類が展示され、実際に触ったり、さらに食べたりと、深海魚をまるごと楽しむことができました。


実際にカサゴの仲間である「ニュウドウカジカ」を触ってみると、表面はヌメヌメしているのに硬く、見た目も決してかわいいフォルムではありません。ニュウドウカジカは海外では「世界一醜い生き物」という不名誉な認定を受けたことがあるそうです。


今回のメインイベントとして、大きな目が特徴の「オニヒゲ」という深海魚を揚げかまぼこにして試食していました。軟らかくて臭みがなく、見た目からは想像できないおいしさに参加者は驚いていました。


なかなか触れる機会がない「深海魚」。このような珍しいイベントはとても魅力的で、興味深いですね。(ライター:rin.)

Jタウンネット

「深海魚」をもっと詳しく

「深海魚」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ