ペヤング「ソースラーメン」食べてみた →想像以上に「やきそば」と同じ味だった

9月11日(水)6時0分 Jタウンネット

ペヤングソースラーメンのパッケージ

写真を拡大

ソースやきそばでおなじみの「ペヤング」から仰天の新商品が発売された。その名も「ペヤングソースラーメン」。今まで「ペヤング 魚介MAXラー油ヌードル」が販売されているが、ソースラーメンとは斬新すぎる。


2019年9月9日に発売されたばかりのナウな商品をJタウンネット編集部が食べてみた。



「湯切りに失敗したような味」?


ペヤングから出るラーメンという時点で違和感たっぷりなのだが、販売する「まるか食品(群馬県伊勢崎市)」の公式サイトを見ると、ペヤングのブランド名が使われたのは同社のカップラーメン「ペヤングヌードル」が最初。


それを踏まえると、この商品はペヤングブランドの原点回帰と言える商品なのかもしれない。



開封して目に付くのが、かやくだ。ソースやきそばのかやくはキャベツ、味付け鶏ひき肉がメイン。しかし、ラーメンのかやくはキャベツ、ニンジン、もやしと野菜中心となっている。この方がスープに合うのかもしれない。


ちなみにソース(スープ)はラーメンに入れるとはいえ、やきそば同様に食べる直前に入れる。



お湯を入れて待つこと3分。スープを入れてよくかき混ぜたら出来上がりだ。


ソースラーメンとはいうが、濃い醤油ラーメンのような色合い。案外、ソースらしさはないのかと思いきや、カップに顔を近づけるとソースやきそばを薄くしたような香りがする。



麺はやきそばに比べて細いようだ。3分経ってから口につけたが、硬い印象を受ける。さらに1分置いてから食べるとモチモチで弾力感のあるしっかりした麺に変わった。


味はソースのスパイシーさが目立つものの、ちょっと薄い。ただ、これ以上濃いと食べきるのがきついような気がするので、ラーメンであればこれで正解なのだろう。



味が薄い分、かやくにも味が染みないため物足りなさを感じてしまう。この時点で、編集部の面々にも試食してもらったが、味が薄めだったためか、


「うまいけど、焼きそばの湯切りに失敗したやつに似てるような...。容器のはじっこに溜まっている残りみたいな」(S編集長)
「匂いはペヤング。味はほとんどしない」(I記者)
「間違ってソースを湯切り前に入れたペヤング」(N記者)



など散々なコメントが。みんなやきそばに囚われすぎだ。


一方で、紅一点のS記者は、


「さっぱりしたラーメン。味も悪くない」



と肯定的な意見が出た。



そして、麺もすべて食べ終わったので、スープを飲む。ラーメンにしては黒すぎるが、どうなのだろうか。


「スープが一番ペヤングソースやきそば」



という感想しか出なかった。やきそばと同等の味の濃さなどを求めるならば、スープをそのまま飲むのが一番良い。麺の油もあるため、最後に残った分で楽しもう。


麺は全く別物と考えて良いだろう。


斬新ながら、多くの人に愛された味の要素を引き継ぐラーメン——。一度チャレンジしてみてはいかがだろう。

Jタウンネット

「ペヤング」をもっと詳しく

「ペヤング」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ