はじめしゃちょーが人生初の手術「すごく怖かったです」 インプラント埋め込みを報告

12月3日(月)12時23分 キャリコネニュース

人気ユーチューバーのはじめしゃちょーは12月1日、自身のユーチューブチャンネルに「手術を受けてきました」という動画を投稿した。はじめしゃちょーは11月上旬、過去に治療した歯の隙間から菌が入り、炎症を起こした歯茎に膿が溜まり激痛を起こしたことを明かしている。この時は急遽歯科にかけこみ、歯茎を切開していた。

今回の動画では、痛みのあった部分の歯を抜いた後、一部の歯が無い状態で生活していたことを告白。穴の開いた部分にインプラントを埋め込む手術をするに至ったと説明している。

動画の冒頭と終盤は術後の撮影だったようで、歯にガーゼを詰め、普段より発音がやや不明瞭だった。手術について、

「人生初手術でした。すごく怖かったです」

と語った。

術中の記憶一切なし「悔しい。気づいたら何もなかった」


画像ははじめしゃちょーが投稿した動画のキャプチャ

動画では手術中の様子も公開されていた。鎮静剤を打たれた後、少しの間は虚ろな目で「すごいです」と実況中継していたものの、その後ゆっくりと意識をなくし、目を閉じて口をやや開けたまま、手術スタッフの声にも反応しなくなっていた。はじめしゃちょーによると、注射後にカメラに向かって話していた時のことは記憶にないという。

その後医師やスタッフによる手術が始まった。はじめしゃちょーは意識がないようで、医師から「もう少し口を開けてください」と言われても無反応。スタッフが器具で口を開けるシーンもあった。

動画内で手術時間は明かされていなかったが。インプラント手術は通常、1時間から3時間で終わるという。病室で意識が戻ったはじめしゃちょーは手術中の記憶が一切ないそうで、椅子に座ったまま

「悔しい。気づいたら何もなかった」

と、呆然とした表情で語っていた。

「頭の近くの手術って結構怖いんですよ。危ない」

術後に撮影した動画でも、「私一切記憶がございません。ただただ寝て起きたら終わっていた」と強調していた。それだけ驚きの体験だったのだろう。

ただ、手術の日までは「本当に怖くて震える日々が続いていました」とも話している。前日は緊張して眠れなかったそうだ。手術部位が頭部だったことも恐怖を大きくしたようで、

「何が怖いかっていうと歯って簡単そうに見えるんですけど、脳みそ、頭の近くじゃないですか。頭の近くの手術って結構怖いんですよ。危ない。手とか足とかの手術より僕は怖かったです」

と語っている。度々歯の痛みに悩まされてきたはじめしゃちょーは最後に、「皆さん歯は大事にしましょう。僕は人造人間として今後生きていこうと思います」と呼びかけていた。


キャリコネニュース

「はじめしゃちょー」をもっと詳しく

「はじめしゃちょー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ