東京理科大学「宇宙教育プログラム」12/24、聴講者募集

12月8日(金)14時15分 リセマム

東京理科大学「宇宙教育プログラム」

写真を拡大

東京理科大学は、次世代宇宙科学技術者の育成を目的として実施している「宇宙教育プログラム」の一般聴講者を募集している。公開するのは、2017年12月24日に実施するプログラムの一部。会場は同大学神楽坂キャンパス。定員は申込順で110名。

 「宇宙教育プログラム」は、東京理科大学が将来理科教員や研究者、技術者として、宇宙科学技術の魅力を広く社会に発信できる人材の育成を目的に実施しているプログラム。「講義」「実習」「体験」「講演」の4プログラムで構成され、最先端の科学技術に触れるなどの本物体験を通じて、宇宙科学技術を理解し学ぶことができる。宇宙教育プログラムの受講生は原則、応募者の中から選考された高校生や大学生だが、一部の講義や講演は希望者にも一般公開している。

 12月24日には2つの講義を開放。テーマは、長谷川幹雄教授(工学部電気工学科)の「宇宙をつなぐ無線通信技術」(仮)と、後藤田浩准教授(工学部機械工学科)の「 航空宇宙系における燃焼の科学と技術」(仮)。

 参加申込みは「宇宙教育プログラム」Webサイトの申込みフォームで受け付ける。申込締切は12月22日の午前9時まで。ただし、定員になり次第募集を締め切る。

◆東京理科大学「宇宙教育プログラム」聴講者募集
日時:2017年12月24日(日)10:00〜13:10(受付9:40〜9:55)
会場:東京理科大学 神楽坂キャンパス 2号館1階211教室
定員:110名(申込順)
参加費:無料
申込方法:東京理科大学「宇宙教育プログラム」Webサイトより
申込締切:2017年12月22日(金)9:00
※定員になり次第締め切る

リセマム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

宇宙をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ