月曜は大荒れ 来週は大雪と極寒長引く

12月8日(金)16時32分 tenki.jp

来週にかけて冬将軍が大暴れ。11日(月)の通勤時は季節風が吹き荒れます。来週は強い冬型の気圧配置が続き、日本海側は断続的に雪が降り、大雪となる所も。太平洋側も真冬のような厳しい寒さが長く続くでしょう。

月曜 通勤時に大荒れか

12月早々、冬将軍が猛威を振るいます。きょう8日(金)の夜は次第に冬型の気圧配置に変わり、全国的に季節風が強まるでしょう。帰宅時間は風が冷たく感じられそうです。あす9日(土)は、西からいったん冬型の気圧配置が緩みますが、10日(日)から11日(月)にかけては低気圧が急速に発達しながら北海道へ近づき、強い冬型の気圧配置に。10日(日)の夕方以降は西から季節風が強まり、11日(月)朝の通勤、通学時は全国的に風が強いでしょう。北海道や東北では12日(火)にかけて雪も強まり、猛ふぶきとなる恐れも。14日(木)頃にかけて強い冬型が続くため、日本海側では雪の量が多くなるでしょう。一方、太平洋側は晴れる日が多いですが、空気が乾燥しそうです。

厳しい寒さ しばらく続く

寒さも厳しく、12日(火)から14日(木)は、北海道のほぼ全域で真冬日(最高気温が0度未満)が予想され、東北でも3分の1の地点で丸一日氷点下となる可能性があります。関東から九州も10度に届かない所が多いでしょう。これまでより「厳しい寒さ」が「数日にわたって続く」というのがポイントです。来週はかなり寒い1週間となりますので、慌ただしい時期に体調を崩さないよう、お気をつけください。

tenki.jp

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

冬将軍をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ