元「オアシス」リアム・ギャラガーのドキュメンタリー映画公開 復活までの軌跡を追う

9月20日(金)8時0分 シネマカフェ

『Liam Gallagher:As It Was』 (C) 2019 WARNER MUSIC UK LIMITED

写真を拡大

UKロックシーンを牽引するバンド「オアシス」のリアム・ギャラガーのオアシス時代からソロミュージシャンとして復活するまでの姿にフォーカスしたドキュメンタリー映画『Liam Gallagher: As It Was』(原題)の日本公開が決定した。

本作は、元「オアシス」メンバーであるリアム・ギャラガーの成功、挫折、苦悩からの復活をありのままに映し、彼の素顔に迫ったドキュメンタリー映画。監督はドキュメンタリー映画を撮り続けるギャビン・フィッツジェラルドと、本作のため10年以上にわたりリアムを撮影してきたチャーリー・ライトニングの2人が務めている。

1994年のファースト・アルバム発売から、英国のロックシーンを常に先頭で走り続けてきた伝説的ロックバンド「オアシス」。バンドメンバーであるリアムの実兄ノエル・ギャラガーとの確執が表面化し、遂に2009年、ノエルがオアシスを脱退する。その後リアムは、新たなバンド「ビーディ・アイ」を結成するも、約5年で解散。本作では、そんな失意の中、自らの力だけで音楽の世界を生き抜くことを決意したリアムがソロデビューを果たし完全復活するまでの道のりを捉えている。


情報解禁と同時に場面写真も到着。ステージをバックに独特のスタイルで歌唱するリアムの姿がモノクロで切り取られており、彼の完全復活を予見する1枚となっている。


『Liam Gallagher: As It Was』(原題)は2020年公開予定。

シネマカフェ

「オアシス」をもっと詳しく

「オアシス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ