スズキ、カフェレーサースタイルのスポーツモデル『SV650X ABS』を1月26日に発売

1月23日(火)15時13分 AUTOSPORT web

 スズキは1月22日、最新テクノロジーを導入したエンジンや車体に、懐かしい外観を取り入れた『SV650X ABS』を1月26日に発売すると発表した。


『SV650X ABS』は645cc水冷V型2気筒のVツインエンジンを搭載した『SV650 ABS』をベースに、個性的なカフェレーサースタイルへとアレンジしたモデルだ。「X」は「Extra」を意味し、ヘッドライトカウル、セパレートハンドル、タックロールシートなどのレトロなフォルムに加え、ヘッドライトの下にはオプションでフォグランプ(LEDフォグランプセット)を装着可能とするなど、SV650 ABSとは異なる外観に演出されている。


 SV650X ABSの特徴やポイントを挙げてみよう。


【外観】


・スリムで軽量(197kg)な車体

・ロケットカウルをイメージさせるフロントマスク



・スリム&スポーティなフォルムの14Lフューエルタンク

・タイトな形状で良好な足着き性を実現したタックロールシート(シート高は790mm)

・余裕のポジションにセットされたセパレートハンドル


【足周り】


・前後輪に取り付けられたホイールスピードセンサーにより各車輪速度を検知し、ブレーキの効きを自動的にコントロールして車輪のロックを一定範囲内で防ぐ「ABS」を標準装備

・好みに合わせたサスペンションセッティングが可能なプリロードアジャスターを装備したフロントフォーク

・高いコーナーリング性能と直進安定性を両立した前後ラジアルタイヤ(フロント120/70、リヤ160/60)


【エンジン】


・独特の鼓動感が味わえ、刺激的で官能的なサウンドを奏でる水冷645cc 90度V型2気筒のVツインエンジン

・低回転域ではトルクフルで扱い易く、中回転域は力強く立ち上がり。高回転域では伸びのあるパワーを発揮

・1気筒あたり2本のスパークプラグを持つ、「スズキデュアルスパークテクノロジー」を導入

・ピストンのスカート部にはレジンコートを実施。シリンダーとピストンのフリクションを低減。ピストンリングはL型リングを採用し、高い燃費性能と排出ガス低減に貢献

・TI-ISC内蔵のスロットルボディには、発進時や低回転走行時にエンジン回転数、ギアポジション、スロットル開度、クラッチスイッチの情報を用いて制御する「ローRPMアシスト」機能を採用し、発進時のエンジン回転の落ち込みが緩和され、スムーズな発進を実現

・スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけで、ECMがスターターモーターを回転させてエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」を導入


『SV650X ABS』のカラーは渋みを効かせたオールトグレーメタリックNo.3。価格は781,920円(税込)となっている。


■主要諸元■


全長/全幅/全高:2,140mm/730mm/1,090mm

軸間距離/最低地上高:1,450mm/135mm

シート高:790mm

装備重量 :197kg

最小回転半径:3.3m

エンジン型式:水冷4サイクル90°Vツイン/DOHC4バルブ

総排気量:645cc

内径×行程/圧縮比:81.0mm×62.6mm/11.2 : 1

最高出力:56kW(76.1ps)/8,500rpm

最大トルク:64N・m(6.5kgf・m)/8,100rpm

燃料供給装置:フューエルインジェクションシステム

始動方式:セルフ式

点火方式:フルトランジスタ式

潤滑方式:ウェットサンプ式

潤滑油容量:3.0L

燃料タンク容量:14L

クラッチ形式:湿式多板コイルスプリング

変速機形式:常時噛合式6段リターン

減速比(1次/2次):2.088 / 3.066

フレーム形式:ダイヤモンドフレーム

キャスター /トレール:25°/106mm

ブレーキ形式(前/後):油圧式ダブルディスク(ABS)・油圧式シングルディスク(ABS)

タイヤサイズ(前/後):120/70ZR17M/C(58W)・160/60ZR17M/C(69W)

舵取り角左右:30°

乗車定員:2名

カラー:オールトグレーメタリックNo.3

価格:781,920円


AUTOSPORT web

「スズキ」をもっと詳しく

「スズキ」のニュース

BIGLOBE
トップへ