インディ最終戦:ポイントリーダーのニューガーデンがPP。琢磨はペンスキー勢に次ぐ5番手

9月17日(日)9時59分 AUTOSPORT web

 ソノマで開催されているインディカー・シリーズ最終戦。16日に行われた予選は、ポイントリーダーのジョセフ・ニューガーデンが今季初となるポールポジションを獲得した。佐藤琢磨(アンドレッティ・オートスポート)は、Q3に進出しホンダ最上位となる5番手から決勝レースに挑む。


 午前中行われたプラクティス3回目では、シモン・パジェノー(チーム・ペンスキー)がトップタイム。スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)も2番手とタイムを更新。ペンスキー勢に食い込む速さを見せる。

昨年の王者シモン・パジェノー


 迎えた今シーズン最後の予選。Q1は、ふたつのグループに分かれ走行が行われ上位6台がQ2へと進出する。


 グループ1はニューガーデンが1分15秒7917でトップ通過。アレクサンダー・ロッシ、ライアン・ハンター-レイ、佐藤琢磨とアンドレッティ・オートスポート勢が続き、ディクソンも5番手で通過する。

5度目のタイトル獲得を狙うスコット・ディクソン


 グループ2は、ペンスキー勢3人がレッドタイヤを温存しながらウィル・パワーとトップ通過。シモン・パジェノーが2番手。エリオ・カストロネベスも5番手でQ2へと進出する。

 12台で争うQ2。琢磨は、唯一ファーストアタックをソフトのレッドタイヤで行い1分16秒0497を記録しトップに立つ。セッション後半、ほかのドライバーたちもレッドタイヤに変更しセカンドアタックへ。


 パワー、カストロネベス、ニューガーデンと次々にトップが入れ替わり、最後はパジェノーが1分15秒7120でトップ通過を果たす。琢磨は5番手、ディクソンも6番手でQ3へと進出する。


 ポールポジションを争うファイアストン・ファスト・シックス。ペンスキー勢は1分15秒台でトップを奪い合う。ポールを獲得したのはニューガーデン。ラストアタックで1分15秒5205をトラックレコード記録し、ポールポジションのボーナスポイント1ポイントを獲得。ライバルたちに先制パンチを与える最高のスタートを切った。

今季初ポールを喜ぶジョセフ・ニューガーデン


 今季初のポール獲得にニューガーデンは、「僕たちは今年、ベライゾンポールアワードを手に入れたいと望んでいた。数回はそれに近いスピードを持っていたこともあったが、ついにやり遂げることができたよ。タイヤ選択がベストだったね。第1グループではレッドタイヤをセーブするのは危険だったと思う。ファストシックスで遅れるとは思っていたが、この車は驚異的だったよ」とコメント。


 2番手はパワー、3番手にパジェノー、4番手にカストロネベス。琢磨は5番手となった。ペンスキー勢が上位を独占した最終戦の予選。果たしてチャンピオンに輝くのはどのドライバーか?


AUTOSPORT web

ポールポジションをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ