フェルスタッペン、多重事故の原因はベッテルと主張「タイトル争いをしている立場でやるべき行為じゃない」

9月18日(月)0時22分 AUTOSPORT web

 F1シンガポールGP決勝スタート直後に起きたアクシデントの当事者のひとりであるマックス・フェルスタッペンが、責任は主にセバスチャン・ベッテルにあるとの見解を示した。


 ターン1に向け、ポールポジションのセバスチャン・ベッテルは2番グリッドからスタートしたフェルスタッペンを牽制するようなラインを取り、一方、4番グリッドのキミ・ライコネンが好スタートを決めたことで、フェルスタッペンは2台のフェラーリにはさまれる形で行き場を失った。ライコネンとフェルスタッペンはその際のクラッシュでフェルナンド・アロンソも巻き込んだ末にリタイア、マシンにダメージを負ったベッテルはその後、単独でスピンを喫し、レースを終えることになった。


「セバスチャンは僕に幅寄せし始めた」とフェルスタッペンは、このインシデントについて説明した。

「たぶん彼には(僕の左にいた)キミのことは見えていなかったんだろうけど、それは言い訳にならない」


「世界タイトルをかけて戦っている立場なら、ああいうリスクを冒すべきじゃない。結果、どうなったか。ルイス(・ハミルトン)がレースをリードすることになった。そして僕ら3人はリタイアだ」

スタート直後のアクシデントですぐさまリタイアとなったフェルスタッペンとライコネン


 スチュワードはこのインシデントについて審議を行っている。

「あれはレーシングインシデントじゃない」とフェルスタッペン。


「3台がリタイアすることになったけど、僕は真ん中にいて、何も悪いことはしていない。どういう判断がされるだろうね」


「自分だけじゃなくて、3台全部リタイアだったからまだよかったよ。全員が痛みを受けたわけだから」


AUTOSPORT web

多重事故をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ