好評につき第2弾『フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン Tech Editon2』登場

10月12日(木)17時42分 AUTOSPORT web

 主力モデル『ゴルフ』の名を冠するフォルクスワーゲンのコンパクト7シーターミニバン『ゴルフ・トゥーラン』に、最新の運転支援システムや快適装備を追加した特別限定車の第2弾『Tech Edition(テックエディション)2』が設定され、10月3日から発売が開始されている。


 この『Golf Touran TSI Comfortline Tech Edition 2』は、今年6月に導入された第1弾モデルの好評を受けて導入されたモデルで、前回同様に先行車との車間を自動的に制御して追従走行するアダプティブ・クルーズコントロール“ACC”や、高速道路等での渋滞時にドライバーの運転を支援するトラフィック・アシスト、また前走車を認識して追突回避を行うシティエマージェンシーブレーキ機能を備えたフロントアシストや、車線維持支援のレーンアシストなど、数多くの先進安全機能を特別装備。


 加えて、車線変更を安全にサポートする“Side Assist Plus”や出庫時の後方安全確認をサポートする”リヤトラフィックアラート“を新たに加わえることで、安全性をさらに高めている。

ボディカラーはアトランティックブルーメタリックと初設定となるオリックスホワイト マザーオブパールエフェクトの2色


歩行者検知対応シティーエマージェンシーブレーキ機能付のプリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”を装備


ACCに加え、同機能を活用した渋滞時追従支援システム“Traffic Assist”も採用する


 また、こちらも前回の駐車支援システムであるパークアシストに加え、前進や後退時の衝突軽減ブレーキ機能が 追加された“パークディスタンスコントロール”も標準装備とした。


 快適装備面では、リヤビューカメラのリヤアシストや、パークディスタンスコントロール、3ゾーンフルオートエアコンディショナーに、フォルクスワーゲン純正インフォテイメントシステムであるモバイルオンラインサービス付きのディスカバープロといったおなじみの装備に加え、この限定車ではこれからの季節に役立つ“シートヒーター”を特別装備するなど、挟み込み防止機能付きのパワーテールゲートやスマートキーによるキーレスアクセスなど、家族で使うシーンを想定した便利な機能がすべて盛り込まれている。


 ボディカラーはアトランティックブルーメタリックと、同車には初設定となるオリックスホワイト マザーオブパールエフェクトを、6万4800円高の有償色として用意。それぞれ各150台の全300台限定で、価格は386万5000円となっている。

挟み込み防止機能と、ハンズフリーの“EasyOpen”機能付となるパワーテールゲート


Volkswagen 純正インフォテイメントシステム“Discover Pro”はジェスチャーコントロール機能も備わる


第2弾モデルには、運転席/助手席にシートヒーターを追加した


フォルクスワーゲン カスタマーセンター:0120-993-199


AUTOSPORT web

ゴルフをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ