スーパーGT:関口雄飛 2017年第8戦もてぎ レースポレート

11月20日(月)10時40分 AUTOSPORT web

2017年スーパーGT第8戦『MOTEGI GRAND FINAL』で、LEXUS TEAM WedsSport BANDOHは無念のリタイアに泣く


 トヨタ、ニッサン、ホンダの各メーカーがニューマシンを投入し、新時代を迎えた2017年のスーパーGT第8戦が、栃木県ツインリンクもてぎにて、11月11〜12日に開催されました。今シーズン最終戦となるこのイベントは、レース距離も250kmと短く、全車ノーウェイトでのレースです。


 昨年のこのレースでは表彰台を獲得していただけに、チームの士気も高まり、今季最後の1戦に臨みました。金曜日にサーキット入りした関口雄飛は、チームやタイヤメーカーとのミーティングを着実にこなし、万全の体調で土曜日の朝を迎えました。


 朝のフリー走行はドライ路面でしたが、いまひとつタイヤと路面がマッチングせず、納得がいかないままフリー走行を終えました。

WedsSport ADVAN LC500


 午後の予選では、午前中の問題点を踏まえて大きくセットアップを変更して挑んだのですが、路面温度17℃、気温23℃というコースコンディションの変化に合わせきれず、1分39秒066までタイムを縮めたものの15番手、まさかのQ1敗退という厳しい結果となりました。


 しかしチームは諦めることなく予選のデータ解析をし、新たなセットアップの方向性を見出しながら、戦略次第では大逆転もありうると、決勝レースへの可能性に賭けました。


 日曜日、決勝。快晴となったツインリンクもてぎ上空を、航空自衛隊のF2による歓迎フライトのデモンストレーションが行なわれ、いつもの警察車両によるパレードに加え、DTM車両3台が加わったパレードランに、スタート前の興奮が高まります。


 LEXUS TEAM WedsSport BANDOHは、スターティングドライバーの関口雄飛が序盤はタイヤを温存し、周回遅れのGT300クラスが前に出始めたところで本来のペースにアップしつつ、ポジションを上げ始めます。5周目には13番手、7周目に12番手、そして8周目にはさらに2台をパスして10番手までポジションをアップします。


 20周目にはライバルたちのピット作業も始まり、22周目には4番手、23周目には3番手まで順位をあげてピットイン。ミスなく国本雄資選手と交代し、19号車はさらに前を目指しました。しかし38周目、国本選手が前を行く周回遅れをパスしようと進路を変更したところ、タイミングが合わず、GT300クラスの2台に挟まれる形でクラッシュ。

WedsSport ADVAN LC500


 フロントカウル部分に大きなダメージを負い、ピットに戻ります。チームは必死の修復を試みますが、ダメージは見た目以上に大きく、残念ながらレースを諦めざるを得ませんでした。チームにとって不本意ではありましたが、完走扱いの15位という結果で今シーズンの幕を下ろしました。最終的に、シリーズランキングは12位という結果となりました。


■関口雄飛のコメント


「予選は悔しい結果に終わりましたが、決勝に向けていろいろとセットアップを考え直し、ウォーミングアップで確実にマシンが良くなっていることを確認できたので、楽しみに決勝を迎えました」


「レースがスタートしてしばらくの間はタイヤを温存し、GT300クラスの集団が前に出てきたところでプッシュを開始。前の2台を自力で抜いて、他車のミスもあって10番手まであがったところでタイヤと路面のマッチングが我々の予想以上に厳しくなりはじめ、思ったようにペースがあがらなくなり、それ以上の順位アップが難しくなりました」


「後半、周回遅れのマシンに挟まれるようにクラッシュしたのも運が悪かったのですが、当たり所も悪く、ちょうどマシンの弱い部分に当たってしまったため、修復が厳しい状況となってしまいました」


「何とか結果を出せるように頑張った最終戦ですが、昨日、今日とうまくいきませんでした。いい時ばかりがレースではないので、この結果もしっかりと受け止め、着実に前に進んでいきたいと思います」


「今年はチャンピオンを狙っていた1年でしたし、その速さは充分にあったのですが、運やツキ、天候といった要素に翻弄されて、表彰台にも立てない形でシーズンを終えることになってしまいましたが、悔しい中にも多くの経験を積むことができましたし、ドライバーとしてもより成長できた1年だったと思います。皆さん、1年間、本当に応援ありがとうございました」

国本雄資/関口雄飛


AUTOSPORT web

「スーパー」をもっと詳しく

「スーパー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ