失業率と自殺率の間には高い相関

「自殺者減少」はアベノミクスで失業率が低下した成果だ

1月24日(木)6時0分 ダイヤモンドオンライン

警察庁が18日発表した自殺統計によれば、2018年の全国の自殺者数は2017年より723人少ない2万598人(3.4%減)で、9年連続減少した。2.1万人を下回ったのは37年ぶり。人口10万人当たりの自殺者数(自殺死亡率)は0.5人減って16.3人。1978年統計開始以来、最少になった。筆者は自殺者…

記事全文を読む

「失業率」をもっと詳しく

「失業率」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 統計の数値をいじってるからじゃね??

  • 何を今更、そんな事昔から分かってる事だろう!

  • たまたま世界景気の波が良かっただけで自分の手柄か。ここから始まる不況には他人のせいにするくせに。

  • 菅直人いわく、自殺者が減ったのは、民主政権の成果だそうです。大嘘つきだ。

  • その原因となる失業率改善は世代交代と非正規化が進んだだけですよ。提灯持ちNO1の嘉悦大学の高橋洋一さんW。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ