計画運休「空振り多くない?」JR

「台風で電車が完全ストップ」 計画運休、JRに聞く「“空振り”多くない?」

9月2日(月)11時0分 文春オンライン

暑い夏もそろそろ終わり、秋の入り口がやってきた。となると、台風のシーズンである。たいてい、9月から10月にかけて日本列島には多くの台風が襲来し、各地に被害をもたらす。その被害の中でも、“鉄道”に絞っていうと、やはり注目されるのが「計画運休」であろう。計画運休は、2014年10月の台風19号に際してJ…

記事全文を読む

「計画運休」をもっと詳しく

「計画運休」のこれまでの出来事

「計画運休」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 事故が起こるよりはいいと思いますが・・・。駅の改札で、大声で怒鳴っている人を見ると、「なんなんだろう」と思う。

  • 空振りに文句をいうべきでない。本当に災害になっていたら大混乱するのだから、最悪に備えることは必要だと思う。災害はいつ来るか分からない。常に備える気持ちはもっておくべき

  • 空振りなんて思った事無いです。仕方ないと思います。

  • 事故は起こってからでは取り返しがつかないんだよ。地震とかと違って台風、大雨はある程度予測がつく、そんな時に観光に行ったり、交通も麻痺し歩くことも困難な時に会社に来いとか日本はおかしな国になったよな。

  • この記者は、事故が発生し、人命が危険に晒される状況を作り、JRを糾弾したかったんでしょ 安全と利便性の二者択一なら、まともな企業は、安全を選ぶ 文春は、記者の安全より報道が優先なんですね!

全件表示する

BIGLOBE
トップへ