大相撲で珍事 塩かぶり席に

照強の撒いた塩が“飛び過ぎ”て観客が「両手キャッチ」 砂かぶり席が一転、“塩”かぶり席に

3月17日(日)10時30分 AbemaTIMES

大相撲大阪場所の七日目に行われた幕内の一番、十両四枚目・貴源治(千賀ノ浦)と新入幕の前頭十四枚目・照強(伊勢ケ浜)の取組直前に珍しい出来事が起こった。相撲ファンの間では、“ソルトシェーカー”として知られている照強。しかし、この日撒いた塩は“いつも以上に”大きな弧を描き、土俵の反対側の観客にまで到達。…

記事全文を読む

「照強」をもっと詳しく

「照強」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 審判席にいる親方衆にかけてお清めしてあげればいい。相撲協会で偉くなるとみんな汚れてしまうからね。塩かけられたら溶けちゃう親方もいるかもよ。

  • 個人的には、照強の塩の使い方が下品に見える。

  • 今場所の成績も悪い、塩だけ土俵に撒き放題では、注意しないといけないね。

  • 青葉山みたいな綺麗な撒き方しなよ・・・って、知ってる人いるかな?

  • あーあ、だからどうした?

全件表示する

BIGLOBE
トップへ