仏像の“らほつ”をイメージした「らほつニットキャップ」の予約受付がついにスタート!

8月30日(火)16時59分 BIGLOBEニュース編集部

なりきり仏像スタイル!らほつニットキャップ

写真を拡大

仏像の頭髪「螺髪(らほつ)」をモチーフにした『なりきり仏像スタイル!らほつニットキャップ』の予約受付が、フェリシモのお寺カルチャーコミュニティー「フェリシモおてらぶ」で開始された。価格は各2,700円(税別)となる。


悟りを開いた仏の特徴「三十二相八十種好」の一つで、巻貝のような丸まった頭髪を「螺髪」と呼ぶ。この「螺髪」をモチーフにした『なりきり仏像スタイル!らほつニットキャップ』を、お寺文化を楽しくわかりやすく知ることができる雑貨として「フェリシモおてらぶ」が製作した。螺髪の粒のような形状は、毛玉が交互に重なるような形に編みあげることで再現。また、ニットキャップ上部には悟りを開いた知恵の証であるコブ「肉髻(にっけい)」を、両サイドには肩までぶら下がった福耳「耳輪垂成(じりんすいじょう)」も付いているこだわりぶり。耳はボタンで留められる仕組みになっており、普段使いもできるよう工夫が施されている。


カラーは、石像(せきぞう)グレイ、蓮華(れんげ)レッド、作務衣(さむえ)ネイビー、塑像(そぞう)アイボリーの全4色。サイズはフリーサイズとなる。


らほつニットキャップ


らほつニットキャップ


らほつニットキャップ


らほつニットキャップ


らほつニットキャップ


らほつニットキャップ


らほつニットキャップ


らほつニットキャップ


「フェリシモおてらぶ」ページ

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

仏像をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ