アリシア&ライリーに小林直己が接近…『アースクエイクバード』予告

10月10日(木)17時0分 シネマカフェ

Netflixオリジナル映画『アースクエイクバード』11月15日(金)独占配信開始

写真を拡大

リドリー・スコット製作総指揮、アリシア・ヴィキャンデル主演の東京を舞台にしたサスペンス・ミステリー、Netflixオリジナル映画『アースクエイクバード』から、予告編とキービジュアルが到着した。

第32回東京国際映画祭に特別招待作品として選ばれた本作は、日本在住経験のあるイギリス人作家スザンヌ・ジョーンズによる同名ミステリー小説の映画化。

日本に住む外国人女性リリーが行方不明になり、死体となって発見。友人ルーシーに容疑がかけられるが、この2人の女性の間にはミステリアスな日本人カメラマン禎司の存在が…というストーリー。


到着した予告編では、アリシア演じるルーシーとライリー・キーオ演じるリリーが一緒に過ごす姿が映し出される。リリーとは反対に派手な印象のルーシー。気の合いそうに見えない2人だが、来日して間もないリリーは、ルーシーに悩みを相談するなど慕っているよう。

しかし、ルーシーがリリーに自身の恋人・禎司(小林直己)を紹介すると、2人の仲は急接近。そしてリリーは行方不明になってしまう…。バックに流れる音楽と相まって、ミステリアスな予告編となっている。


またキービジュアルでは、カメラのファインダーの中からこちらを見ているルーシー、リリー、禎司の3人の姿に、「目を背けていれば、知らずに済んだのに」という意味深なコピーが添えられた。


Netflixオリジナル映画『アースクエイクバード』は11月15日(金)独占配信開始。

シネマカフェ

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ