北海道 各地で青空が広がる

4月17日(火)19時21分 tenki.jp

今日(17日)の北海道付近は、日本の東にある高気圧に覆われた影響で、朝から各地で青空が広がり、快晴となった所が多くなりました。また、気温も各地で上昇し、札幌で16度6分など、道内のアメダス173地点のうち35地点で、今年の最高気温を更新しました。

北海道 各地で青空が広がる

日照時間も今シーズン初めて12時間を超える

18時までの日照時間は札幌で12.5時間など、全道ほとんどのアメダス地点で12時間を超え、半日以上日射のあった地点が多くなりました。これまでの札幌の日照時間が今年最も長かったのは4月10日の11.9時間であったため、昨年の9月1日以来の日照時間12時間越えとなりました。今日は暖かく、空気が乾燥していたため、外で洗濯物を干すなどには最適の天気となりました。

明日からの天気は

明日(18日)も引き続き高気圧に覆われるため、晴れる所が多いでしょう。南よりの風が吹く影響で、日本海側北部や太平洋側の沿岸の地域では、今日と比べると、雲のかかりやすい天気となります。天気の崩れることはなく、雨具の出番はない一日となる見込みです。しかし、明後日(19日)は次第に雲が広がり、日本海側を中心に午後から弱い雨の降る所があるでしょう。帰宅する時間には雨の降っている所がありそうですので、朝は晴れていても、折りたたみ傘などを持って出かけた方が安心です。

気温は高い状態が続く

天気の崩れる日はありますが、気温の高い状態は続くでしょう。日曜日にかけて平年並みか高い所がほとんどとなり、特に20日金曜日と21日土曜日は各地で気温がかなり上がります。5月下旬並みから6月中旬並み、オホーツク海側では7月上旬並みの気温となる見込みです。桜の咲く時期の気温を通り越して、初夏の陽気となる所もでてきそうです。この時期は朝晩の気温差や日ごとの気温差が大きくなる季節です。体調管理には気を付けてお過ごしください。

tenki.jp

「北海道」をもっと詳しく

「北海道」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ