大型で猛烈な勢力の台風9号 沖縄・先島諸島に最接近 暴風雨に厳重警戒

8月8日(木)22時50分 ウェザーニュース


2019/08/08 22:54 ウェザーニュース

8日(木)21時現在、大型の台風9号(レキマー)は、発達して「非常に強い」勢力から「猛烈な」勢力に変わり、沖縄の先島諸島に接近しています。猛烈な勢力にまで発達した台風は、今年2つ目です。

宮古島地方や石垣島地方が、平均風速25m/s以上の風が吹く暴風域に入っています。台風は北西に進み、石垣島と宮古島の中間にある多良間島付近を通過する見込みです。

▼台風9号 8月8日(木) 22時 推定
 存在地域   石垣島の東約70km
 大きさ階級  大型
 強さ階級   猛烈な
 移動     北西 15 km/h
 中心気圧   925 hPa
 最大風速   55 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 75 m/s

猛烈な風や大雨に警戒

雨雲レーダー

台風9号の接近に伴い、先島諸島の各地で暴風に見舞われていて、22時までに観測された最大瞬間風速は、宮古空港で38.6m/s、下地島空港で38.1m/s、宮古島地方気象台で37.8m/s、石垣島地方気象台で34.6m/s、石垣空港で34.5m/s、多良間空港で34.0m/sとなっています。

雨も強まっており、宮古空港では20時01分までの1時間に32.5mmの激しい雨を観測しています。


台風9号は明日9日(金)早朝にかけて、ゆっくりと先島諸島を通過します。台風の通過後に吹き返しの風が強まるおそれがあり、瞬間的に50m/sを超えるような暴風に警戒が必要です。

また、大型の台風であるため強い雨が長時間続き、所によって総雨量が400mm前後に達する可能性があります。暴風や大雨、高潮、高波などに厳重な警戒を続けてください。

台風10号の動向にも注意

台風10号 予想進路

大型で非常に強い勢力の台風10号(クローサ)は、小笠原近海でほとんど停滞しています。この先も速度をあまり上げずに、徐々に北上して本州の南へ進む予想です。

予報円が非常に大きいこうからわかるように、台風10号の中心はどこへ進むかがはっきりとしていません。本州の南に達した後の進路は不明確で、進路によってはお盆の期間に大きな影響が出る可能性があります。今後も最新の情報を確認するようにしてください。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風9号のレキマー(Lekima)は、ベトナムが提案した名称で、卵黄のような黄色い実をもつ果物の名前が由来です。

台風10号のクローサ(Krosa)は、カンボジアが提案した名称で「鶴」のことです。


ウェザーニュース

「台風」をもっと詳しく

「台風」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ