『天気の子』60億円突破!RADWIMPS「大丈夫」が紡ぐ特別映像も解禁

8月5日(月)17時0分 シネマカフェ

『天気の子』(C)2019「天気の子」製作委員会

写真を拡大

新海誠監督最新作『天気の子』が、週末映画ランキングで3週連続1位を獲得し(※8月5日現在/興行通信社調べ)、本日8月5日(月)にも18日間で観客動員440万人、興行収入60億円を突破することが判明。新たに「RADWIMPS」による主題歌「大丈夫(Movie edit)」を使用した、心を震わす胸熱シーンを紡いだ特別映像が解禁となった。



7月19日(金)に全国359館448スクリーンで公開されるやいなや、運命に立ち向かう少年少女の姿、新海監督が世界へ投げかけたセンセーショナルなメッセージ、そして圧倒的な映像美と心震わす音楽が紡ぎ出す“新海ワールド”が話題となり、初日3日間で興行収入16.4億を突破し、『君の名は。』対比128.6%を記録するなど、大ヒットスタートをきった本作。


『君の名は。』同様に2回、3回と劇場に詰めかけるリピーターが続出し、性別・年齢を問わず真夏の日本列島を席巻中。公開から3週経ってもその勢いは衰えず、驚異的なスピードで動員を伸ばし、初日から8月4日(日)までの17日間で動員433万6,897人、興収59億846万6,600円を記録。8月5日(月)に観客動員440万人、興行収入60億円を突破する見込みという。


この大ヒットを記念し、「RADWIMPS」の主題歌のひとつ「大丈夫(Movie edit)」を使用した特別映像が解禁。これまで、全5曲の主題歌のうち「愛にできることはまだあるかい」「グランドエスケープ(Movie edit)feat.三浦透子」が使用されてきたが、この度、初めてファンの間では神曲と名高い「大丈夫(Movie edit)」が本編映像と共に登場。


「RADWIMPS」野田洋次郎が最初に脚本を読んだ段階で「愛にできることはまだあるかい」と一緒に書き上げた楽曲で、劇中でも重要な場面で流れるものとなっている。

『天気の子』は全国にて公開中。

シネマカフェ

「天気」をもっと詳しく

「天気」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ