タイカ・ワイティティ監督が“空想上の”ヒトラーに!?『ジョジョ・ラビット』1月公開

8月6日(火)10時10分 シネマカフェ

『ジョジョ・ラビット』 (C)2019 Twentieth Century Fox

写真を拡大

『マイティ・ソー バトルロイヤル』を手掛けたタイカ・ワイティティが監督・脚本・出演をつとめる『ジョジョ・ラビット』が、2020年1月に日本公開されることが決定。ヒトラーを演じるワイティティ監督やスカーレット・ヨハンソンら豪華キャストが登場する特報映像も到着した。

舞台は、第2次世界大戦下のドイツ。心優しい10歳の少年ジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス)は、空想上の友達のアドルフ・ヒトラー(タイカ・ワイティティ)の助けを借りながら、青少年集団ヒトラーユーゲントで立派な兵士になろうと奮闘していた。

しかし、ジョジョは訓練でウサギを殺すことができず、教官から“ジョジョ・ラビット”という不名誉なあだ名をつけられ、仲間たちからもからかわれてしまう。そんなある日、母親(スカーレット・ヨハンソン)とふたりで暮らしていたジョジョは、家の片隅に隠された小さな部屋で、ユダヤ人の少女(トーマサイン・マッケンジー)がこっそりと匿われていることに気づく。ジョジョの頼りとなるのは、ちょっぴり皮肉屋で口うるさいアドルフだけ…。臆病なジョジョの生活は一体どうなってしまうのか!?

主人公の少年ジョジョを演じるのは、9歳で俳優になることを決心し、数多くのオーディションを経て、本作で人生初のプロの仕事にして主演の座を獲得したローマン・グリフィン・デイビス。ジョジョの母親役には、『アベンジャーズ/エンドゲーム』などのマーベル作品をはじめヒット作に出演する名女優スカーレット・ヨハンソン。


ジョジョの家に隠れていたユダヤ人の少女役には、『足跡はかき消して』('18)に主人公の娘役で出演し批評家から絶賛されたトーマサイン・マッケンジー。ヒトラーユーゲントの教官役には、『スリー・ビルボード』で第90回アカデミー賞助演男優賞を受賞したサム・ロックウェル、さらに『ピッチ・パーフェクト』シリーズのレベル・ウィルソン、「ゲーム・オブ・スローンズ」のアルフィー・アレンなど期待の新鋭と映画界を代表する豪華キャストが脇を固めている。


監督・脚本、そしてジョジョの空想上の友達であるヒトラー役には、自身も“コーグ”役で出演した『マイティ・ソー バトルロイヤル』を大ヒットへと導き、2021年公開予定の『Thor:Love and Thunder』(原題)も手掛け、大友克洋「AKIRA」のハリウッド版の監督にも抜擢されるなど、マルチな活躍で才能を発揮する“天才”タイカ・ワイティティ。


独特のセンスと創造力で次々と傑作を生み出しているワイティティ監督が、創立25周年を迎えるFOXサーチライト・ピクチャーズの元、戦時下に生きる人々の生きる歓びと人生の真実を、弾けるブラックユーモアとともに描きだす。

今回解禁されたのは、「サンダークラップ・ニューマン」の1969年全英No.1ヒット「Something in the air」の軽快なリズムとともに映し出されていく特報映像。“臆病ウサギ(ジョジョ・ラビット)”とからかわれ落ち込むジョジョに対し、空想上の友達のアドルフ・ヒトラーは「悪口なら私も散々言われた。“狂人だ”、“あいつは俺たちを皆殺しにする”とね」と切り返しており、ワイティティ節が炸裂の刺激的な映像となっている。


すでに9月に開催されるトロント国際映画祭での監督・キャスト総出演のワールドプレミアも決定し、早くもアカデミー賞への最短距離といわれる観客賞最有力候補として高い注目を集めている。

『ジョジョ・ラビット』2020年1月より全国にて公開。

シネマカフェ

「ヒトラー」をもっと詳しく

「ヒトラー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ