千葉の吉田眞紀人が愛媛加入「今の僕に必要な選択」…2年連続の期限付き移籍

3月7日(水)12時38分 サッカーキング

昨季は町田でプレーした吉田眞紀人 [写真]=J.LEAGUE

写真を拡大

 ジェフユナイテッド千葉に所属するFW吉田眞紀人が、愛媛FCへ期限付き移籍で加入することが決まった。7日に両クラブが発表した。移籍期間は2018年3月7日から2019年1月31日までで、背番号は「28」。

 吉田は1992年生まれの25歳。流通経済大学付属柏高校出身で、2011年に名古屋グランパスへ加入した。2013年には松本山雅FC、2014年からは水戸ホーリーホックでプレー。2016年に千葉へ完全移籍で加入し、昨年3月に町田への期限付き移籍加入が発表された。同クラブでは明治安田生命J2リーグで28試合に出場して3得点を記録。今年1月に千葉復帰が発表されたが、再び期限付き移籍で新天地を求めることとなった。

 期限付き移籍にあたり、吉田は千葉に対して以下のようにコメントしている。

「この度、愛媛FCに移籍することになりました。2年連続でこのようなタイミングでの移籍になってしまい、去年、今年と僕に期待をして声を掛けていただいた方や、ユニホームを買っていただいた方々に本当に申し訳なく思っています。今回の移籍にあたり今の自分の現状をしっかりと見つめ直し、1人のサッカー選手として新たな環境、新たな監督の元でもう一度挑戦したいと思い決断させてきました。またこうしてジェフを離れることは本当に心苦しいですが、今の僕には必要な選択だと思いました。チームは変わりますが、皆さんにポジティブな情報を届けられるように頑張ってきたいと思います! ありがとうございました!」

 そして加入する愛媛には以下のようにメッセージを寄せている。

「この度、愛媛FCに加入することになりました。チームの勝利のために精一杯頑張りますので、応援よろしくお願いします!」

 なお契約により、吉田は千葉と対戦する公式戦には出場することができない。

サッカーキング

「千葉」をもっと詳しく

「千葉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ