プレミアリーグ史上最速ゴール誕生!…サウサンプトンFWロングが開始7秒で先制弾

4月24日(水)4時53分 サッカーキング

ロングがプレミアリーグ史上最速ゴールを決めた [写真]=Getty Images

写真を拡大

 プレミアリーグで史上最速ゴールが生まれた。DF吉田麻也が所属するサウサンプトンのアイルランド代表FWシェーン・ロングが、23日に行われた延期分の第31節ワトフォード戦で、キックオフから7秒でゴールを決めた。

 試合は相手のキックオフで始まったが、ロングは最終ラインのDFからボールをカットし、そのままペナルティエリアに持ち込み、ループシュートでゴールネットを揺らした。プレミアリーグ公式Twitterによると、その間わずか「7.69秒」で、最速記録を更新した。

 これまでの記録は、トッテナムに所属した元イングランド代表DFレドリー・キングが2000年12月9日に行われた第17節のブラッドフォード戦で樹立した「9.82秒」が最速だった。

 なお、サウサンプトンは、2015年5月16日に行われた第37節のアストン・ヴィラ戦で、当時所属していたセネガル代表FWサディオ・マネ(現リヴァプール)が「2分56秒」で最速ハットトリックを達成していた。

サッカーキング

「プレミアリーグ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「プレミアリーグ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ