神戸がアル・ナスルからJ・オマリ獲得…チーム8人目の外国籍選手に

7月23日(火)15時58分 サッカーキング

神戸に加入したオマリ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 ヴィッセル神戸は23日、アル・ナスル(UAE)からレバノン代表DFジョアン・オマリを完全移籍で獲得したと発表した。背番号は「44」を着用。また、オマリはチームで8人目の外国籍選手となる。

 1988年生まれで現在30歳のオマリはドイツのクラブを渡り歩き、2016年にトルコのスィヴァススポルへ加入した。同年途中にアル・ナスルへ移籍すると、昨季のサガン鳥栖への期限付き移籍を経て、現在はアル・ナスルでプレーしていた。

 オマリは神戸の公式サイト上で以下のようにコメント。移籍に際し感謝と意気込みを語っている。

「ヴィッセル神戸に来る事ができて非常に嬉しく思っています。また、神戸のような大きなクラブに来られた事を感謝しています。まずはチームを助ける事ができるように頑張ります。クラブの目標達成に向け、全力を尽くします」

サッカーキング

「アル・ナスル」をもっと詳しく

「アル・ナスル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ