『BMW M5』の誕生35周年を記念した特別限定車が、10台限りで日本上陸

8月29日(木)5時13分 AUTOSPORT web

 世界のスポーツサルーンにとってベンチマークとして君臨する『BMW M5』の初代誕生から35周年を迎えることを記念し、現行の7代目モデルをベースとした特別限定車『BMW M5 35 Jahre Edition(フュンフ・ドライシッヒ・ヤーレ・エディション)』が世界限定350台、日本には10台限定で上陸。8月23日より発売が開始されている。


 1985年に初登場した『BMW M5』は、ミドルクラスのサルーンとして常識を覆す走行性能を持ち、それ以降、世界のスポーツサルーンのお手本として進化を続けてきた。その最新バージョンとして2019年には『BMW M5 Competition(コンペティション)』も追加されるなど、サーキットにおける卓越した走行性能を追求する哲学を継承しつつ、ラグジュアリー・スポーツセダンとしての機能性も高めてきた。


 その『BMW M5 Competition』をベースとした今回の特別限定車は、最高出力625PS/6000rpm、最大トルク750Nm/1800〜5860rpmを発生する4.4リッターのV型8気筒ツインターボを搭載。0-100km/h加速は3.3秒を誇っている。


 その強力なアウトプットに合わせて、Mモデル専用4輪駆動システムM xDriveや、ドライブロジック付き新型8速Mステップトロニック・トランスミッションを採用し、高性能エンジンのパワーを最大限引き出している。


 デザイン面でも、Mモデルの象徴であるダブルバー・キドニー・グリルやリヤスポイラー、ミラーキャップ、サイド・ギルやMスポーツ・エキゾーストシステムをブラックで統一し、よりアグレッシブなデザインを採用する。

最高出力625PS/6000rpm、最大トルク750Nm/1800〜5860rpmを発生する4.4リッターのV型8気筒ツインターボを搭載
インテリアトリムにはより耐久性の高いアルマイト加工が施され、淡いゴールドのアルミトリムを採用


 ボディカラーにはシルクのような滑らかさを備えたマットな色味で、上質かつ力強い存在感を放つ限定色“フローズン・ダーク・シルバー”を採用。さらに70km/h以上での走行時に点灯し、LEDライトの約2倍に相当する最大600m先を照らす”BMWレーザー・ライト”を特別に装備することで、夜間の視認性を高めて安全性をより向上させながら、高いパフォーマンスを味わうことが可能となっている。


 インテリアにはブラック・フルレザー・メリノ・シートを装備し、限定デザインとなるベージュ・コントラスト・ステッチを施した。さらにインテリアトリムにはより耐久性の高いアルマイト加工が施され、淡いゴールドのアルミトリムを採用している。


 その重厚感あるブラックの内装に上品なゴールドのアクセントが加わることで、他にはない高級感とスポーティさが融合された室内空間となり、“35 Jahre”と刻まれたドアシルや、“M5 Edition 35 Jahre 1/350”の文字が浮かび上がるカップホルダーカバーにより、特別な限定車であるという演出も施された。


 特別限定車『BMW M5 35 Jahre Edition(フュンフ・ドライシッヒ・ヤーレ)』は全車右ハンドル仕様のみとなり、価格は2160万円。12月以降に順次納車予定となっている。

ブラック・フルレザー・メリノ・シートを装備し、限定デザインとなるベージュ・コントラスト・ステッチを施した
“35 Jahre”と刻まれたドアシルや、”M5 Edition 35 Jahre 1/350″の文字が浮かび上がるカップホルダーカバーも備わる


BMW カスタマー・インタラクション・センター:フリーダイヤル:0120-269-437

BMW インターネット・ウェブサイト:http://www.bmw.co.jp


AUTOSPORT web

「BMW」をもっと詳しく

「BMW」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ