【佐藤琢磨インディ500】こだわりすぎて、ステアリングのトレンドセッターに

12月8日(金)11時11分 AUTOSPORT web

2017年5月、第101回インディ500を制した佐藤琢磨。時速380kmという超高速域での戦いには、ドライバーが信頼できる「戦友」が必要だ。琢磨のこだわりはステアリングにも現れている。

 

オーバルでは左ターンを基本とするため、直進時には写真のように右方向に舵角がつく。グリップ部分は琢磨本人の手によって型どられたもの。ステアリングによってバラつきが出るのを避けるため、琢磨は最初にマスターを製作。それを3Dスキャンすることで寸分違わぬプライマリーのステアリングとバックアップを用意している。

 

オリジナルのシフトアップインジケータは「黄」から「赤」になってシフトアップするのだが、琢磨いわく「じつは視認性が高くない」。そこで琢磨はPiリサーチ社の本国へインジケーターのダッシュ部を送り返し、左右ふたつずつ、計4つをブルーLEDに変更している。

 

ライトの色を任意で選べるマルチカラーLEDの設定もあるが、それでは光量が弱いため琢磨はブルー単色のLEDにこだわる。

 

「これはF3時代からやっていることで、F1のBAR時代もスーパーアグリでも、そうしていた。アメリカに来てKV、レイホール、フォイトでも対応してもらっていました。いまではペンスキーもブルー単色LEDに変更していますよ」

 

琢磨のこだわりは、ライバルチームが追従するほど。そのうち青色LEDが標準になる日が、やってくるかもしれない……。



『佐藤琢磨インディ500優勝のすべて』特別付録DVDより


AUTOSPORT web

佐藤琢磨をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ