全日本F3:鈴鹿合同テストの総合首位は坪井に。2日目午後は阪口晴南が最速

12月20日(水)17時11分 AUTOSPORT web

 全日本F3選手権の合同テストは12月20日、鈴鹿サーキットで午前の走行2回目、午後の走行3回目が行われ、走行2回目最速となった坪井翔(カローラ中京 Kuo TEAM TOM’S)が2日間の総合トップタイムを記録。走行3回目は阪口晴南(TOADA RACING)がトップとなった。


 12月19日に走行1回目が行われた全日本F3の合同テスト。この日は前日走行を行っていなかったEXCEED MOTOR SPORTSの74号車が参加し、鈴木智之と荒川鱗が乗車。また、B-Max Racing teamの19号車にアジアン・フォーミュラルノーの王者経験をもつジョシュ・バードンが乗り込んでいる。


 9時からスタートした午前の走行2回目では、赤旗が一度も出ないまま走行が重ねられたが、チェッカー間際に坪井が1分49秒750をマークしトップタイムに。2番手には阪口がつけ、3番手には宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TEAM TOM’S)が続いた。


 4番手には終盤タイムアップした大湯都史樹(TODA RACING)がつけ、笹原右京(ThreeBond Racing with Drago corse)が5番手。F3-Nは松井孝允(SAMURAI)が1分54秒674でトップタイム。途中バードンに代わって19号車もドライブした澤田が、47号車で記録した1分55秒864が2番手。濱口弘(B-Max engineering)が3番手となった。


 午後1時30分からの走行3回目は、途中佐藤セルゲイビッチ(ALBIALBIREX RACING TEAM)がスプーンでクラッシュしたため赤旗中断。また、開始から1時間20分というところでは笹原のマシンがトラブルがあったか130R入口でストップ。さらに各車がアタックを行おうかという残り8分のところで、ジョシュ・バードン(B-MAX Racing Team)がスプーンでストップ。合計3回の赤旗が出たため、10分間走行延長となった。


 最終的に走行3回目でトップタイムをマークしたのは、中盤に1分49秒941をマークした阪口。2番手には、途中宮田のマシンに乗り換えた坪井が続いた。3番手には、途中からディエゴ・メンチャカにマシンを譲った宮田となった。


 3回のセッションの総合トップタイムは、坪井が2回目に記録した1分49秒750となっている。F3-Nは、午後も松井孝允が1分55秒138でトップタイムとなった。2番手には澤田が、3番手には霜野誠友(CMS MOTORSPORTS PROJECT)が続いている。

阪口晴南(TODA RACING)
宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TEAM TOM’S)
笹原右京(ThreeBond Racing with Drago corse)
大湯都史樹(TODA RACING)
松井孝允(SAMURAI)
ジョシュ・バードン


AUTOSPORT web

「鈴鹿」をもっと詳しく

「鈴鹿」のニュース

BIGLOBE
トップへ