オリンピック選手になりきって遊べる冬のスポーツ2/17・24

2月15日(木)15時15分 リセマム

氷上を想像しながら挑戦するフィギュアスケート

写真を拡大

ボーネルンドが運営する室内あそび場「キドキド」は2018年2月17日と24日、オリンピック競技をモチーフにした体遊びを体験できる「選手になりきって遊ぼう キドキドで楽しむ!冬のスポーツ」を開催する。

 「選手になりきって遊ぼう キドキドで楽しむ!冬のスポーツ」は、外で遊ぶ機会が少なくなり運動量が減りがちな寒い冬の期間に、子どもが遊びを通してさまざまな体の動きを体験できるイベント。冬季オリンピックの開催によりウィンタースポーツに注目が集まる中、ボブスレーアイスホッケー、スキー、スケートといった冬季オリンピック競技を模した遊びを体験できる。

 1月にも開催されており、参加者からは「こんな遊びがあったんだ」「普段と違う体の使い方ができた」などの感想が寄せられているという。

 子ども(0歳6か月〜12歳)の利用料金は、最初の30分が一般600円、会員500円、その後延長10分ごとに100円。大人は500円で、延長料金がかからない。イベントの開催時間などは店舗により異なる。詳細はWebサイトで確認できる。

◆選手になりきって遊ぼう キドキドで楽しむ!冬のスポーツ
開催日:2018年2月17日(土)・24日(土)
開催時間:店舗により異なる
※詳細はWebサイトで確認できる

リセマム

「オリンピック」をもっと詳しく

「オリンピック」のニュース

BIGLOBE
トップへ