禎子さんの折り鶴小学校へ

5月6日(日)7時53分 Jタウンネット

折り鶴(画像はイメージ)

写真を拡大

[みみよりライブ5up!−広島ホームテレビ] 2018年4月23日放送の広島HOMEテレビ「みみよりライブ5up!」で、小学校に寄贈された佐々木禎子(ささきさだこ)さんの折り鶴が紹介されました。



60年以上大切に保存 禎子さんの折り鶴


「原爆の子の像」のモデル、佐々木禎子さんが闘病中に作った折り鶴が、同級生から母校の小学校に寄贈されました。


禎子さんが作った折り鶴。母校の幟町(のぼりちょう)小学校に寄贈されました。


折り鶴は、禎子さんの小学校の同級生が葬儀の時に遺族から受け取ったもので、60年以上大切に保管していました。


5月に幟町小学校に開設される、戦時中の資料などを集めた「のぼり平和資料室」に活用してほしいと、寄贈を決めたそうです。


折り鶴を寄贈した方は、「一生懸命生きたいという気持ちが、すごかったと思う。身近に本人が折った鶴を見たら、少しはより感じるのではないかと思う」と言われていました。


この「のぼり平和資料室」は、5月12日に一般公開されます。それ以降は、事前に予約すれば毎週金曜日に見学できるということです。


生きたいという思いのこもった折り鶴を通して、平和への思いがより強く多くの人に伝わっていってほしいですね。(ライター・石田こよみ)

Jタウンネット

「折り鶴」をもっと詳しく

「折り鶴」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ