タピオカブーム「理解できない」年配の皆様へ このポスターを見ても、同じことが言えますか?

7月3日(水)6時0分 Jタウンネット

納得せざるを得ない(画像は阪急阪神ビルマネジメント提供)

写真を拡大

右を見ても左を見てもタピオカ一色といったこのご時世。かくいう筆者もあるコンビニのタピオカドリンクにはまり、ブームに飲み込まれている。


その一方で、タピオカ店にわざわざ並ぶ人々の行列を見ると、「なんでタピオカってこんなに流行ってるんだ?」と思うことがある。その答えをいとも簡単に表現してみせたのが、阪急三番街に掲示されているこの広告だ。



「甘いものパワー、今も昔も最強かも。」



そんなキャッチフレーズとともに、昔懐かしい「クリームソーダ」と今をときめく「タピオカドリンク」の画像を半分ずつ合わせている。流行の時代は違えど、どちらも見た目だけでも十分楽しめる「理想」の飲み物だ。この広告に対し、ツイッターでは、


「『タピオカなんで流行ってるの?』とか言い始めた途端に自分の中の何かが失われたことに気付く。意味なんて無いよ。楽しくて可愛くて美味しいからヤバイんだもんな」
「クリームソーダにタピオカ入れたら最強になるんじゃないかなと思いました」



といった声が寄せられている。


タピオカがなぜこんなに流行るのか、思わず納得してしまうこの広告。阪急三番街を運営・管理する阪急阪神ビルマネジメントにその意図を聞いた。


女性のパンツスタイルのバージョンも


広告のクリームソーダには「1969」、タピオカドリンクには「2019」と記載されている。阪急阪神ビルマネジメントの販売促進部担当者によれば、阪急三番街が今年でオープン50周年を迎えるため、


「50年前に流行っていたものと、50年後に流行っているものを合わせました」



ということだった。広告はGW明けから掲示されていたが、7月3日に別のポスターに貼り換えられた。再掲載の予定はないという。広告に使用されているドリンクは撮影用で、三番街にタピオカ店は存在するが、クリームソーダを出している店があるかは「わからない」そうだ。


50周年にかこつけた広告は、これとは別にもう1パターンある。



こちらのキャッチコピーは、


「流行は変わっても、おしゃれゴコロって不滅。」



50年前と現在の、女性のパンツスタイルと靴にフォーカスを当てている。2パターンの広告について、担当者は、


「三番街は飲食がたくさんありますし、物販も半々くらいあるので、飲食バージョンと物販バージョンを作りました」



と話している。


(7月3日11時追記)
阪急阪神ビルマネジメント販売促進部の担当者から、取材回答の訂正があったため、本文の一部を修正しました。

Jタウンネット

「ブーム」をもっと詳しく

「ブーム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ