関東の週間 金曜にかけて気温乱高下

2月5日(火)8時30分 tenki.jp

水曜は冬、木曜は春、金曜は冬、そして土曜は冬場に1度あるかないかくらいの極寒に。数日間で気温差が極端です。

関東の週間 金曜にかけて気温乱高下

たった一日で空気が真冬と春に様変わり

向こう一週間の関東の特徴は「水曜は真冬の寒さ でも木曜はまた春の暖かさに」です。

【関東の気温傾向〜12日(火)にかけて〜】
あす(6日:水曜)は最高気温が10度に届かない所もあり、東京都心や横浜は9度の予想です。雨も降るため、いっそう寒く感じられるでしょう。傘を持つ手がかじかみそうです。一方、7日(木)になると、今度は各地で15度を超えて、18度くらいまで上がる所もあるでしょう。日差しがポカポカと暖かく、日中は春用のコートでも過ごせそうです。たった1日で、空気が真冬と春に様変わりです。服装選びにお気をつけ下さい。その後、8日(金)以降、来週にかけては最高気温が平年を下回り、3連休も真冬の冷たい空気に覆われるでしょう。前半は気温の乱高下に、後半は連日の厳しい寒さ、特に9日(土)の極寒に注意が必要です。

【関東の天気傾向〜12日(火)にかけて〜】
あす(6日:水曜)は前線を伴った低気圧が四国沖から関東沖へと進んでくるでしょう。また、別の低気圧が関東沖に発生して北東へ進む見込みです。そのため、二段階で雨脚が強まる可能性があります。まず関東沖の低気圧の影響で、沿岸部はあすの朝から雨で、昼前には千葉や神奈川などで活発な雨雲がかかる所があるでしょう。その後は、四国沖から進んでくる前線を伴った低気圧の影響で、夕方に再度、沿岸部で局地的に雨脚が強まりそうです。風も強く、傘が差しづらくなることもあるでしょう。雪になるのは山沿いなどごく一部で、平野部は雨で降る可能性が高いです。7日(木)は低気圧が遠ざかり、日本の南に中心を持つ高気圧から暖かな空気が流れ込みます。春らしい日差しが降り注ぐでしょう。8日(金)から9日(土)にかけては、低気圧や前線が本州の南を東へ進む見込みです。9日(土)は広く雨が降るでしょう。低気圧の進路次第では雪になったり、雨でも降り方が強まったりするため、最新の情報をご確認ください。10日(日)から12日(火)は大陸から張りだす高気圧に覆われるため、晴れる所が多いでしょう。

tenki.jp

「気温」をもっと詳しく

「気温」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ