週間 台風10号 お盆の日本を直撃か

8月8日(木)12時1分 tenki.jp

台風10号は小笠原近海を北上し、お盆の初め頃に日本の南に達する予想。台風10号は、大型で、台風本体の活発な雨雲も大きく広がっていることが特徴です。

週間 台風10号 お盆の日本を直撃か

あすの天気

9日(金)は、前線を伴った低気圧が北海道に近づき、夜に通過する見込みです。本州付近には、南から暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。

北海道は広い範囲で雨が降り、雨脚が強まる所がある見込みです。局地的には非常に激しい雨が降り、大雨になる恐れがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水にご注意下さい。東北北部も雷を伴って激しい雨が降り、大雨になる所がある見込みです。がけ崩れ、山崩れの恐れがあります。ご注意下さい。
東北南部から九州は、強い日差しが照りつける見込みです。東北南部や北陸、関東の山沿いでは、雲が発達しやすいでしょう。雷が鳴り、雨が非常に激しく降る所がある見込みです。東海から近畿、四国の山でも、にわか雨や雷雨の所があるでしょう。

台風9号 先島諸島は暴風が長引く 沖縄本島地方も大雨の恐れ

大型で非常に強い台風9号は、9日にかけて、非常に強い勢力を維持したまま先島諸島にかなり接近する見込みです。先島諸島では、暴風が長く続くでしょう。厳重に警戒して下さい。また、沿岸や河口付近の低い土地での高潮による浸水や冠水にも、厳重な警戒が必要です。
沖縄本島地方にも台風の進路等によっては発達した雨雲がかかり、警報級の大雨になる恐れもあります。今後、最新の台風情報ご確認下さい。
沖縄、奄美では、12日(月)頃にかけて大荒れ、大シケの恐れがあります。

台風10号「大型」

小笠原近海の台風10号は、海面水温の高い所をゆっくりと北上し、一時的に非常に強い勢力にまで発達する見込みです。
本州を覆っている太平洋高気圧は、10日(土)頃から東へと退く予想です。台風10号は太平洋高気圧の縁に沿って北上し、13日(火)頃に日本の南に達する見込みです。

今月6日(火)に九州を直撃した台風8号はコンパクトだったのに対して、台風10号は大型(風速15メートル以上の半径が500km以上800km未満)です。強風が吹く範囲が広く、台風本体の活発な雨雲が大きく広がっていることが特徴です。上空の風が弱く、予報円がまだ大きいですが、お盆休みの中頃に本州付近に影響が出る可能性があります。お盆の予定は、こまめに台風情報を確認するようにしましょう。
九州から関東の沿岸では、台風からのうねりが届いており、11日(日)以降は、大シケの恐れがあります。海水浴など海のレジャーはご注意下さい。

九州〜近畿 猛暑続く

九州から近畿では、この先も猛烈な暑さで、夜も気温が下がりにくい日が続くでしょう。東海は9日(金)から、北陸や関東では10日(土)から、猛暑は収まる見込みですが、予報には幅があります。厳しすぎる残暑が続く可能性も。東北では、10日(土)から概ねこの時期らしい気温になり、北海道では10日の札幌の最高気温が25度と、9月並みになるでしょう。

tenki.jp

「台風」をもっと詳しく

「台風」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ