週間天気 三連休初日は台風19号が関東・東海を直撃のおそれ

10月10日(木)5時11分 ウェザーニュース


2019/10/10 06:29 ウェザーニュース

今週末は三連休ですが、台風19号が関東・東海を直撃するおそれが高まっており、暴風や大雨などの荒れた天気に警戒が必要です。最新の情報をしっかりと確認してください。

■この先1週間のポイント■

・三連休 台風が本州に直撃のおそれ
・台風の影響で高波や高潮に注意
・台風接近後は寒気が到来

三連休 台風が関東や東海に直撃のおそれ

台風19号 予想進路

大型で猛烈な勢力の台風19号は、日本の南の海上を北上しています。しばらくは猛烈な勢力で北西に進み、その後はやや勢力を落とすものの「非常に強い」勢力で関東や東海を直撃するおそれがあります。

日本列島に近づくタイミングが週末の三連休と重なり、特に12日(土)から13日(日)にかけて猛烈な暴風や大雨に警戒が必要です。交通機関への影響も大きくなるおそれがあるため、早めに予定の変更などの検討を行ってください。

なお、台風の接近するタイミングや場所はまだ変動する可能性があるため、随時最新の情報を確認するようにしてください。

台風の影響で高波や高潮に注意

波高の予想12日(土)

台風19号の影響で、日本付近の海上ではうねりを伴い波が高まります。
台風の進路に近い地域は15m前後、台風から離れた沖縄などでも3m前後の予想です。むやみに近づかないようにしてください。

また、台風がもっとも近づく12日(土)から13日(日)は大潮となっているため、沿岸部では高潮に対する警戒も必要です。

猛烈なしけになることに加えて、台風接近により気圧が低くなり海水面が上昇します。さらに関東など東日本周辺では、13日(日)早朝に満潮時刻を迎えるところが多く、沿岸部ではさらに越波による浸水の危険が高まります。

台風接近後は寒気が到来

台風が接近するまでは南から暖かく湿った空気が流れ込みやすく、10月としては気温が高めとなるところが多い予想です。

一方で、朝晩は秋らしく最低気温が20℃を下回る日が増える予想です。気温や湿度の変化が大きくなるため、体調管理に十分お気をつけください。

また、台風の通過後は寒気が北海道の道央付近まで南下する予想です。標高1000m前後の低い山でも雪の可能性があります。

体感がグッと下がる一週間になりますので体調管理には注意して下さい。



ウェザーニュース

「台風」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「台風」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ