21日(水)帰宅時の天気 北日本や九州は傘必須

11月21日(水)11時5分 ウェザーニュース


2018/11/21 10:49 ウェザーニュース

今日21日(水)は、低気圧の影響が残り、北日本は夕方以降も雪や雨が降りやすくなります。

また、西から前線が近づくため、九州も雨のエリアが拡大しそうです。

北日本は雨雪のピークすぎるも、傘はまだ必要

低気圧は段々と東に離れていくため、強い雨や雪のところは少なくなっていきます。それでも夜にかけては傘があると安心です。

特に低気圧に近い北海道の道東や隠れた前線がある山形県周辺は、本降りになるところがあります。

九州は折りたたみの傘を準備して

西から近づく前線の影響で雨のエリアが段々と拡大し、九州はほぼ全域で傘があった方が良さそうです。

特に東シナ海側は遅い時間になると本降りになるところが出てきます。帰りが遅い方は、大きめの傘を用意しておきましょう。

関東は深夜ににわか雨も

関東は夜になると房総半島を中心に南からの雨雲が通過し、にわか雨の心配があります。
深夜の日付が変わる頃になると、東京都心や横浜などもにわか雨の可能性が出てきますので、お帰りが終電に近い時間帯になる方は、念のため折りたたみの傘をお持ちください。


ウェザーニュース

「九州」をもっと詳しく

「九州」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ