“上の句・下の句”から結びへ 広瀬すず主演『ちはやふる』をプレイバック

3月17日(土)13時50分 シネマカフェ

『ちはやふる -結び-』(C)2018 映画「ちはやふる」製作委員会 (C) 末次由紀/講談社

写真を拡大

広瀬すずをはじめ野村周平新田真剣佑らが出演する『ちはやふる -結び-』が3月17日より公開された。2016年に“上の句・下の句”と2部作で公開され、シリーズ最新作にして完結編となる本作の情報をおさらい!

■原作は“競技かるた”を題材にした末次由紀の人気少女漫画

本作は末次由紀による“競技かるた=百人一首”に情熱を懸ける高校生たちの青春模様を描いた、累計発行部数2,000万部超えの大人気コミックスの実写化。2016年の2部作に続き今回の最新作について、原作者の末次氏は「また夢のような時間が来るのだとワクワクが止まりません。脚本も『ちはやふる』の面白い部分が凝縮した新構成で、とても新鮮で嫉妬するほどです。メンバーの強くなっていく姿をまた見守れると思うと、楽しみでたまりません」と期待の声を寄せていた。


■あらすじ

上の句
煌めく青春時代に“情熱”を追い求め走り続ける千早、太一、新の、眩しいほどに一途な想いが交差する青春群像劇。綾瀬千早が小学生のときに出会った、綿谷新。彼は、千早に“自分の夢”という意味を教えてくれた人。新の「競技かるた」に懸ける情熱が色鮮やかに光って見えた。それは、千早の初恋だった…そんな矢先、家庭の事情で、引っ越してしまう新。離ればなれになってしまった新にもう一度会いたいと願い続けた千早。

高校生になった千早は、“競技かるた部”を作り、全国大会を目指す。新に会いたい一心で。千早の新への気持ちを知りながらも、かるた部創部を応援する幼馴染みの真島太一。彼もまた、新に勝たなければ前に進むことができないでいた…。

下の句
再会した太一とともに瑞沢高校“競技かるた部”を作り、創部一年ながら、エース千早の活躍と抜群のチームワークを発揮し、なんとか強豪北央学園に勝利。新に都大会優勝を報告する千早に、新は「俺、かるたはもうやらん…」と告白。ショックを受ける千早だが、そんな中、同級生ながら最強のクイーンと呼ばれる若宮詩暢の存在を知る。千早の気持ちは次第に詩暢にとらわれ、仲間たちから離れていってしまう…。


Huluスペシャルエピソード:繋ぐ
「ちはやふる−繋ぐ−」では千早や太一をはじめとした瑞沢高校競技かるた部のメンバーや、幼馴染みの新はもちろん、最新作『結び』から登場する新メンバーなどが登場。かるた部で行われたある日のサプライズの様子や、千早たちが高校2年生の頃のエピソード、かるた名人・クイーン位決定戦直前の様子など、『下の句』から最新映画につながる、印象的な物語が全5話にわたって繰り広げられる。

結び
全国大会で繰り広げられた、綾瀬千早と若宮詩暢の壮絶な戦いから2年。 千早、太一、新は、名人・クイーン戦の会場にいた。クイーン・詩暢と戦うことができない自分に悔しがる千早…。一方、史上最強の名人・周防久志と相対しているのは、千早たちの師匠・原田先生。周防名人に手も足も出ず、原田は負けてしまう。その瞬間、「名人を倒すのは俺や!」最強の名人に挑戦状を叩き付けたのは、なんと新だった! そして、新をキラキラした目で見つめる千早。そんな2人の姿をただただ、茫然と見ることしかできない太一…。

3年生になった千早たち、瑞沢かるた部は高校生最後の全国大会に向けて動き出す。恋愛体質の菫、慇懃無礼な筑波という個性的な新入生に四苦八苦する千早たち。一方、新は、全国大会で千早たちと戦う為に、かるた部創部に奔走していた。そして、新が通う藤岡東高校には、準クイーンの我妻伊織もいた。そんな矢先、瑞沢かるた部に思いもよらないトラブルが——。


■気になるキャストは?
主人公・綾瀬千早を演じるのは、『三度目の殺人』で「第41回日本アカデミー賞」の最優秀助演女優賞に輝き、『ラプラスの魔女』(5月4日公開)、『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(8月31日公開)、2019年朝ドラ「夏空」ヒロインにも決まっている女優・広瀬すず。いまや主演級の女優となったが、実は『ちはやふる』が“映画初主演”を飾った大事な作品でもある。彼女は様々なプレッシャーの中、原作ファンから愛される“綾瀬千早”を演じきり、『下の句』が公開された舞台挨拶では「千早というファンの皆さんにとって、完璧に出来あがった女の子を演じる。しかも2部作という特別な時間だったので、いままでこんなに『怖い』と思ったことはなかった」と心境を語っていた。


そのほか野村周平(真島太一役)、新田真剣佑(綿谷新役)、上白石萌音(大江奏役)、矢本悠馬(西田優征役)、森永悠希(駒野勉役)、松岡茉優(若宮詩暢役)、坂口涼太郎(木梨浩役)、清水尋也(須藤暁人役)、松田美由紀(宮内妙子役)、國村隼(原田秀雄役)は前作から続投し、『結び』より優希美青(花野菫役)、佐野勇斗(筑波秋博役)、清原果耶(我妻伊織役)、賀来賢人(周防久志役)が新たに参戦する。

監督を務めるのは、『タイヨウのうた』(’06)、『カノジョは嘘を愛しすぎている』(’13)を手掛ける小泉徳宏監督。本作では脚本も務め、高校生たちの友情・恋愛・成長をリアルに描いていく。

■「Perfume」の主題歌が青春をより輝かせる…予告編


千早(広瀬すず)、太一(野村周平)、新(新田真剣佑)の高校3年の最後を描いていく『結び』。千早をはじめ、お馴染みの瑞沢高校競技かるた部の面々や松岡茉優演じる若宮詩暢らの姿が。さらに今作から登場となる瑞沢高校競技かるた部の新入部員の菫(優希美青)や筑波(佐野勇斗)、映画オリジナルキャラクターとなる新の後輩で準クイーンの伊織(清原果耶)、史上最強の名人・周防(賀来賢人)も登場する。3部作全て主題歌は「Perfume」の書き下ろしとなる。




■広瀬すずの可愛らしい一面も!ちはや秘話


実姉・広瀬アリスと“姉妹役で”共演
女優の広瀬すずが、姉である女優の広瀬アリスと『上の句』で、“姉妹役”として共演を果たした。Twitterで、「ちはやふるみてくださった方の中にお気づきの方もいるかと思いますが千早のお姉ちゃん綾瀬千歳役はお姉ちゃんなんだよ 広瀬姉妹で綾瀬姉妹を…」と明かしていた。

続編決定に号泣!「これ、夢じゃないよね?」


『下の句』初日舞台挨拶の際に原作者・末次由紀氏からの手紙で、続編製作がキャスト&ファンにサプライズ発表。広瀬さんらキャスト陣は続編決定について、事前に何も聞かされておらず、スクリーンに「ちはやふる続編製作決定」の文字が投影されると、抱き合って大喜び! その直前からすでに涙目だった広瀬さんは「ごめんなさい、よく分からない…」と完全にパニック状態で、「もう無理〜!」と歓喜の声をあげていたのが印象的だった。


新田真剣佑の改名は『ちはやふる』役名から
“真剣佑”から“新田真剣佑”へと改名したことについて「『ちはやふる』は日本に来て芝居を志すきっかけになった自分の中で大きな作品なので、綿谷新からとった“新田(あらた)”という名字を使わせて頂きました」と話し、「末次先生にツイッターのダイレクトメッセージで『名字を探しているんですけど、新を使ってもよろしいですか』と聞いたら、先生から『新を使ってくださるんですか。ぜひぜひよろしくお願いします』と返事を頂きました。また“初心忘るべからず”ということも考えて“新田”にしました」と原作者とのやり取りもあったのだと語った。


『チア☆ダン』撮影でも『ちはやふる』珍事件
『ちはやふる』の公開後、わずか1か月ほどで『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』はクランクイン。しかも場所は『ちはやふる』の舞台でもあった福井。シネマカフェの取材に応じた広瀬さんと新田さんは「(『ちはや』のプロモーションを含め)あの時期、仕事の現場に行くと(新田さんが)いるって感じで…。誰よりも会っていた自信がある」「絶対にいる(笑)。監督には本当に申し訳ないんですけど、今回の撮影初日に(広瀬さんの役名は)“ひかり”なのに『ちは…』って言いかけちゃって…」と苦笑する場面も。広瀬さんは「(映画の中で)憧れや好きという思いを抱く大きな存在なので、それは『ちはや』からずっと引きずっていたかも」と話していた。

シネマカフェ

「広瀬すず」をもっと詳しく

「広瀬すず」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ