町田が3コーチの就任を発表…フィジカルコーチには34歳の松本純一氏

1月7日(日)17時17分 サッカーキング

 FC町田ゼルビアは7日、武田治郎氏のGKコーチ就任、依田光正氏のコーチ就任、松本純一氏のフィジカルコーチ就任を発表した。

 GKコーチ就任が決まった武田氏は現在45歳。これまではヴィッセル神戸やガイナーレ鳥取、ギラヴァンツ北九州で指導してきた。就任にあたっては、「町田市民の皆様、FC町田ゼルビアサポーターの皆様、初めましてゴールキーパーコーチの武田治郎と申します。未来のFC町田ゼルビアのために志しをもった仕事をし、必ず未来に繋がるよう一生懸命、頑張ります。今年からどうぞよろしくお願い致します」とコメントしている。

 トップチームコーチに就任する依田氏は現在40歳。ザスパ草津(現・ザスパクサツ群馬)で現役を引退した後、同クラブで育成年代やトップチームのコーチを務めた。2016年は名古屋グランパスU−18、2017年は名古屋U−15でコーチとして指導していた。就任に際し、同氏は「2018シーズンよりお世話になる事になりました。ゼルビアに関わる全ての人が一つになって共に闘いましょう。宜しくお願い致します」とコメントしている。

 また、フィジカルコーチに就任する松本氏は現在34歳。2013年から2016年までロアッソ熊本のトップチームで指導し、2017年は横浜F・マリノスに在籍した。就任にあたり、同氏は「2018シーズンよりFC町田ゼルビアフィジカルコーチに就任しました松本純一です。FC町田ゼルビアのスタッフの一員として、相馬監督を支え、選手が成長できるように精一杯努力していきます。よろしくお願い致します」とコメントした。

 町田は2017明治安田生命J2リーグ全日程を終え、11勝17分け14敗の勝ち点「50」で16位だった。

サッカーキング

「コーチ」をもっと詳しく

「コーチ」のニュース

BIGLOBE
トップへ