窪田正孝、2020年前期朝ドラ「エール」主演!数々の応援歌を綴った作曲家に

2月28日(木)12時57分 シネマカフェ

窪田正孝/『東京喰種 トーキョーグール』キックオフイベント

写真を拡大

窪田正孝が2020年春に放送スタートするNHK連続テレビ小説「エール」にて主演を務めることが決定。2014年の「花子とアン」以来の“朝ドラ”で、いまも歌い継がれる数々の応援歌や流行歌を生み出した作曲家を演じる。

連続テレビ小説第102作目となる「エール」は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家とその妻の物語。銀行に勤める福島の青年と豊橋に住む女学生が文通で愛をはぐくみ、電撃結婚。音楽によって強く結ばれたふたりは、戦前・戦中・戦後を生き抜き、多くの名曲を生み出していく。

少し気弱な夫とたくましい妻が織りなす珍騒動に、愉快な仲間たちが次々と加わり、苦難を乗り越え、笑いと涙の中で生まれる珠玉のメロディ。 それは激動の時代を生きる人々への“エール”となって、いま日本中に響き渡る——。

■窪田正孝、文通で恋に落ちる!音楽の道を歩む主人公に
主人公の古山裕一(こやまゆういち)を演じるのは、「花子とアン」でヒロイン(吉高由里子)に想いを寄せる青年・木場朝市を演じ、お茶の間の注目を集めた窪田正孝。大河ドラマ「平清盛」や「Nのために」「デスノート」、映画『東京喰種 トーキョーグール』など話題作に出演し、独特の存在感と際立った演技力で知られる人気実力派が朝ドラに帰ってくる。

福島で代々続く老舗呉服店の長男。気弱でいじめられがちな少年が、音楽に出会ってその秘めた才能を発揮し、独学で作曲を始める。そんな中、歌手を目指しているという女学生とひょんなことから知り合い、文通を始める。恋に落ちた裕一はついには、彼女とともに音楽の道を歩むことを決める、という役どころ。なお、そんな裕一の生涯のパートナーとなるヒロインはオーディションで選考予定という。


■「栄冠は君に輝く」「六甲おろし」…昭和の代表曲を生み出した夫婦の物語
物語のモデルとなるのは、「栄冠は君に輝く」(全国高等学校野球大会の歌)、「六甲おろし」(阪神タイガースの歌)、「闘魂こめて」(巨人軍の歌)などスポーツシーンを彩る応援歌の数々や、戦後、人々を夢中にさせたラジオドラマ「君の名は」「鐘の鳴る丘」「長崎の鐘」「イヨマンテの夜」などヒット歌謡曲の数々で昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而(こせきゆうじ)と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)。2人の人生をモデルに、音楽で人々を励まし、心を照らした夫婦の波乱万丈の物語として大胆に再構成していく。

■脚本は「ハゲタカ」「コード・ブルー」林宏司
脚本を担当するのは、「ハゲタカ」「離婚弁護士」「医龍」「コード・ブルー 〜ドクターヘリ緊急救命〜」、直近では「ドロ刑〜警視庁捜査三課〜」など、医療や経済をテーマにした社会派ドラマや、推理サスペンス、ラブストーリー、ホームコメディなど、様々なジャンルのドラマや映画の脚本を手掛ける林宏司。

「自分のことよりも、人を元気づけたい、頑張ってる人、恵まれない人に声援を送りたい…そんな思いで、この人は戦前、戦中、戦後、数多あまたの曲を作り続けたのではないだろうか」と古関氏に思いを馳せる林さん。「暗い時代も明るい時代も、人々の心を揺さぶり、励まし続けた “古関メロディ”のように、このドラマが、どうか、朝のひととき、誰かの“エール”になれますように」と期待を込めて語る。

さらに、制作統括・土屋勝裕氏は「このドラマが視聴者の皆さんへのエール・応援歌になれば幸いです」とコメント。主演の窪田さんの起用について、「繊細さと大胆さ、強さと弱さを併せ持った深い魅力のある俳優です。青年時代から30年にわたる人生を演じ切るためには、そうとうの演技力が必要だと思います。人気・実力ともに今もっとも期待されている窪田正孝さんこそ今回のドラマにふさわしいと思いオファーしました」と明かしている。

■物語
日本が生糸輸出量世界一となった明治42年、急速に近代化がすすむ福島の老舗呉服店に、待望の男の子が誕生する。のちに多くの名曲を生み出すことになる天才作曲家・古山裕一だった。

老舗の跡取りとして育てられた裕一だが、少々ぼんやりしていて、周りには取り柄がない子どもだと思われていた。しかし音楽に出会うと、その喜びに目覚め、独学で作曲の才能を開花させてゆく。

青年になった裕一は家族に内緒で海外の作曲コンクールに応募。このことが裕一の運命を変えてしまう。なんと応募した曲が上位入賞したのだ。そしてそれをきっかけに、裕一は歌手を目指しているという女学生と知り合う。福島と豊橋、遠く離れた地に住みながらも、音楽に導かれるように出会ったふたりは、結婚。上京すると、ふたりには個性豊かな人々との出会いが待っていた。そして不遇の時代を乗り越え、二人三脚で数々のヒット曲を生み出していく。

しかし時代は戦争へと突入し、裕一は軍の要請で戦時歌謡を作曲することに。自分が作った歌を歌って戦死していく若者の姿に心を痛める裕一…。戦後、混乱の中でも復興に向かう日本。古山夫妻は、傷ついた人々の心を音楽の力で勇気づけようと、新しい時代の音楽を奏でていく——。

NHK連続テレビ小説「エール」は2020年春、放送スタート。

シネマカフェ

「朝ドラ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「朝ドラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ