トヨタ、『カローラ スポーツ』に6速MTグレードを新設定。価格は210万6000円から

8月2日(木)14時40分 AUTOSPORT web

 トヨタは6月26日に販売を開始した新型ハッチバック『カローラ スポーツ』に6速マニュアルトランスミッションを搭載した新グレードを設定し、8月2日より発売する。


 その名のとおり、スポーティーなデザインと“走る喜び”が感じられるクルマとして開発がなされ、2018年3月のジュネーブショーで『オーリス』としてのワールドプレミア後、今年8月に国内での発売を迎えたカローラ スポーツ。


 発売開始から1カ月で月間目標台数の4倍となる約9200台の受注をとっているこの新型モデルは当初、1.8リッターエンジン+ハイブリッドと1.2リッターターボエンジン車のみのグレード展開となっていた。

カローラ スポーツのシフトノブ
カローラ スポーツのシフトノブ


 しかしトヨタは今回、カローラ スポーツが持つ“クルマ本来の楽しさ”をさらに深めドライバーがクルマを“操る楽しさ”を感じられるよう、同車にマニュアルトランスミッションを搭載した新グレードを新たに設定している。


 1.2リッターターボの『8NR-FTS』に組み合わせれる6速MTミッションは、iMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)と呼ばれるもので、変速・発進を自動的にアシストする。


 通常時はドライバーのクラッチ、シフト操作に合わせてエンジンの回転数をコンピューターで制御して発進をサポートするが、SPORTモード選択時には同時に滑らかな変速をアシストしてくれるという。


 駆動方式は2WDのFFのみで、価格は210万6000〜238万6800円となっている。

6速MTを搭載したトヨタ・カローラ スポーツ G“Z”
iMTのアシスト作動イメージ
iMTのアシスト作動イメージ


AUTOSPORT web

「カローラ スポーツ」をもっと詳しく

トピックス

BIGLOBE
トップへ