MotoGP緊急参戦のヤマハ野左根航汰「突然のことで僕が一番驚いています」

10月12日(木)20時59分 AUTOSPORT web

 体調不良によりMotoGP第15戦日本GPを欠場するジョナス・フォルガーの代役として最高峰クラスデビューを飾る野左根航汰が日本GPへの意気込みを語った。


 野左根は、今シーズンから中須賀克行とともにヤマハのMotoGPマシン、YZR-M1の開発ライダーを務めているほか、世界耐久選手権(EWC)と全日本ロードレース選手権JSB1000にもフル参戦している。


 代役参戦が決まった野左根は「突然のことで、僕が一番驚いています」と次のようにコメント。


「まだ日本グランプリを走る実感がわいてきませんが、チャンスでもあるし、ワクワクしています。今年からテストライダーとして、YZR-M1をミシュランタイヤで走らせていますが、どこまでできるか試したいし、もてぎは僕の得意なサーキットであり、母国グランプリなので明日からのセッションが楽しみです」


「最後にチャンスをくれたTech 3とヤマハに感謝するとともに、少しでも期待に応えられるよう最善を尽くします。そして、フォルガー選手の早い回復を祈ります」


 日本GPの舞台となるツインリンクもてぎは、野左根にとってJSB1000初優勝を果たした得意なサーキットのひとつだ。8月のもてぎ戦でも優勝し、今季2勝目を挙げている。


AUTOSPORT web

MotoGPをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ