MotoGP日本GPで開催予定だった2019グランプリロードR123パレードとF-2B戦闘機歓迎フライト展示が中止に

10月17日(木)20時12分 AUTOSPORT web

 10月18日からレースウイークを迎えるMotoGP第16戦日本GP。このレースウイーク中の10月19日に開催が予定されていた、2019グランプリロードR123パレードの中止がモビリティランドから10月17日に発表された。同時に、10月20日に行われるMotoGPクラス決勝前のオープニングセレモニーで予定されていた航空自衛隊松島基地 F-2B戦闘機の歓迎フライト展示も中止となった。

2018年のグランプリロードR123パレードの様子
2018年のグランプリロードR123パレードの様子


 グランプリロードR123パレードは、2012年からスタートしたイベントで、毎年、約1000台のバイクが集結して道の駅もてぎからツインリンクもてぎの区間を栃木県警察本部のパトカー、白バイ先導のもとパレードする。2018年はホンダの八郷隆弘社長、ヤマハの日高祥博社長、スズキの鈴木俊宏社長が参加し話題となった。


 2019年で8回目の開催となるはずだったが、モビリティランドは、先週末日本を襲った台風19号で被災した地域への影響を鑑み、公道を占有するグランプリロードR123パレードの開催中止を決定した。

MotoGPクラス決勝前のセレモニーでフライト予定だったF-2B戦闘機
MotoGPクラス決勝前のセレモニーでフライト予定だったF-2B戦闘機


 また同時に、台風19号の影響により被災された地域での復興活動を優先する理由で、10月20日のMotoGPクラス決勝レース前に行われる予定だったF-2B戦闘機の歓迎フライト展示も中止となった。


関連記事(外部サイト)

AUTOSPORT web

「MotoGP」をもっと詳しく

「MotoGP」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ