グランプリのうわさ話:立て続けに強盗事件発生が発生したブラジルGP。将来の継続開催に暗雲

11月15日(水)12時38分 AUTOSPORT web

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

—————————–


 ブラジルが今後もグランプリの開催を続けたいのなら、パドックで働くF1チームやその他の関係者を守るために、より強力な警備体制を敷く必要がある。


 ブラジルGPの週には、メルセデスのスタッフ12人からパスポート、財布、タブレットなどを奪った武装強盗事件があった。また、他にもチームやFIA関係者を狙った強盗未遂が3件も起きて、パドックの住人たちはパニックに陥っていた。


 さらにレースが終わってから数時間後にも、ピレリのバンが襲撃されるという事件が発生。彼らはスタッフの身の安全を優先して、マクラーレンとインテルラゴスで行う予定だったタイヤテストを中止せざるをえなかった。貴重なテストの機会を奪われたピレリの技術者にとっては、まったくもって腹立たしいことに違いない。


 同様に治安が良くないとされるメキシコでは、レース主催者の懸命な努力により、関係者の安全が守られている。ブラジルでも同じことができない理由はないはずだ。


 ブラジルでグランプリの開催を続けられるか否かは、今後の現地の自治体や警察の対応次第と言ってもいいだろう。


続きはF1速報WEBで掲載中

■白熱するルノーとトロロッソの場外バトル

 ブラジルGPの週末、メディアを通じて辛辣な言葉のやり取りをしたフランツ・トストとシリル・アビテブールは、その一件以来、互いに話し合うことを拒否している……

■バジェットキャップに対する持論を展開するラウダ

 辛口のご意見番として知られるニキ・ラウダが、イタリアのガゼッタ・デッロ・スポルト紙のインタビューで、リバティ・メディアに対して痛烈な批判を繰り広げた……

■アルゼンチンGP復活計画が一歩後退

 2019年にアルゼンチンGPを復活させるというアイデアが、一歩後退を余儀なくされた。インテルラゴスで行われることになっていた、プロモーターとFOM首脳陣との会談がキャンセルされたのだ……


AUTOSPORT web

グランプリをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ