ZOZO前澤社長「太ってるとかコンプレックスある人も応募して」 年間24万円分の服を無償提供するZOZO公認ユーザーを募集

11月1日(木)16時17分 キャリコネニュース

ファッション通販サイト・ZOZOTOWNを経営するZOZOは10月31日、2018年4〜9月期の連結決算を発表した。その中で顧客の体型サイズを正確に計測するための「ZOZOSUIT」の配布を縮小することを伝えた。

その翌11月1日、前澤友作社長はツイッターでZOZOの洋服のスポンサーシップ契約をする公認ユーザーの募集を呼びかけた。

公認ユーザーになると、ZOZOブランドで使える2万円分のポイントを貰える。翌月以降も公認ユーザーとして活動し、プロモーションに協力すると、条件に応じて毎月ポイントを付与されるというものだ。

募集人数は200人「年間24万円分の服を無償提供しますので、着まくってください!」

画像はツイッターをキャプチャ

応募方法は「ZOZOデニム」を着用したコーディネートを撮影し、ファッションコーディネートアプリ「WEAR」に「#ZOZO公認ユーザー」のハッシュタグを付け、投稿する。同商品を持っていない場合、ZOZOSUITで体型を計測するか、身長や体重を入力することで購入できる。

前澤社長はツイッターで、

「年間24万円分の服を無償提供しますので、着まくってください!」
「背が小さいとか、太ってるとか、足が短いとか、コンプレックスある人を応援したいので、そんな人もどんどん応募してきてください!」

といい、200人程度募集するとツイート。これに対してリプライでは「タダで服が着れるだと…最高」といった声の他、「自称、座高・世界チャンピオンの46歳としては、こういう言葉だけでも嬉しいです」などの声が寄せられた。以前、前澤さんも自身のコンプレックスとして「チビでブスで屁こき」と投稿していた。

応募締切は未定で、公認ユーザー任命後はブランド「ZOZO」の商品を着用した投稿を月間3回以上行う必要がある。


キャリコネニュース

「ZOZO」をもっと詳しく

「ZOZO」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ