レッドブルF1がもてぎで初デモラン。クルサードがドライブ、白煙を上げてドーナツターン

11月10日(日)16時10分 AUTOSPORT web

 栃木県のツインリンクもてぎで開催されている『Honda Racing THANKS DAY 2019』において、アストンマーティン・レッドブル・レーシングがデモランを行った。


 デモ走行を担当したのは、元F1ドライバーのデビット・クルサード。レッドブルの2011年型マシン『RB7』に2019年仕様のカラーリングを施したマシンを走らせた。


 ホームストレートに戻ってきたクルサードは、いきなり3回転のドーナツターンを披露。その後走り出したクルサードだが、2週目のデモランを終えたホームストレートでも再びドーナツターン。そして3周目を終えてもピットレーンには戻らず、最後にマシンが何周したのかもわからないほどに大きく白煙を上げてドーナツターンを行った。


 わずか3周の走行ながらも、毎周ドーナツターン披露したクルサード。ツインリンクもてぎに詰めかけたファンを大いに盛り上がりを見せていた。


AUTOSPORT web

「レッドブル」をもっと詳しく

「レッドブル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ