ナポリのインシーニェが物申す! 敗戦後にコラムニストと口論「200%の力を捧げた」

9月26日(木)15時5分 サッカーキング

カリアリ戦後にコメントを残したインシーニェ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 ナポリに所属するイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが、0−1で敗れた25日のセリエA第5節カリアリ戦後にコラムニストと口論になった。25日、イタリアのスポーツ紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

 本拠地『スタディオ・サンパオロ』にカリアリを迎えたナポリは、終始優勢に試合を進めた。だが、数多くの決定機をなかなかゴールに結びつけられないでいると、88分にルーカス・カストロにゴールネットを揺らされる。これが決勝点となり、首位戦線に食らいついていくうえで痛い敗戦を喫した。

 試合後のインタビューに応じたインシーニェは、「僕たちは落ち着いているし、どこが悪かったのかを分析し、前進する必要があるね。ただ、今日の敗戦は痛いよ。僕たちにはたくさんのチャンスがあったからね……。重要なことは、再び立ち直ることだ」とカリアリ戦を総括。しかしその後、コラムニストのジャンカルロ・マロッキ氏にチームの姿勢に問題があったのでは? と問われると、こう反論した。

「姿勢に問題? そんなことは全くない! 僕たちは激しく戦ったし、200%の力を捧げたよ」

 次節、ナポリはホームでブレシアと対戦する。インシーニェは周囲の批判を覆すような活躍を見せることができるだろうか。

サッカーキング

「コラムニスト」をもっと詳しく

「コラムニスト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ