“有毒ガス”に追われる…究極のサバイバル『EXIT』11月に公開へ

10月2日(水)13時40分 シネマカフェ

『EXIT』(C)2019 CJ ENM CORPORATION, FILMMAKERS R&K ALL RIGHTS RESERVED

写真を拡大

韓国では『ライオン・キング』を抑え、初登場第1位を記録、940万人以上を動員(9/24現在)する大ヒット中のサバイバル・パニック映画『EXIT』が、早くも日本で公開が決定。日本版ポスタービジュアルも到着した。

絶体絶命! 決死の緊急脱出——
韓国のある都心部、突如原因不明の有毒ガスが蔓延しはじめる。道行く人たちが次々に倒れ、パニックに陥る街。そんな緊急事態になっているとも知らず、70歳になる母親の古希のお祝いをする会場では、無職の青年ヨンナムが、大学時代に想いを寄せていた山岳部の後輩ウィジュとの数年ぶりの再会に心を躍らせていた。

しかし、彼らにも上昇してくる有毒ガスの危険が迫っていた。地上数百メートルの高層ビル群を命綱なしで登り、跳び、走る! 果たして、2人は無事に街を脱出できるのか。

『新感染』の次は『EXIT』!
今年、韓国で7月31日に公開されたばかりの本作は、劇場公開前より大規模な試写会を実施し、その評判が拡散、公開後も口コミ効果抜群で今夏大ヒットの話題作。

日本での大ヒットも記憶に新しい『新感染 ファイナル・エクスプレス』では、新幹線の車中、追ってくるゾンビから逃れる人々が描かれたが、本作では上昇してくる有毒ガスに追われ、生き延びるためには高く登り続けなければならないという究極のサバイバルが展開していく。

ポスタービジュアル公開
命綱なしで地上数百メートルの高層ビル群を走り抜ける主人公2人の奮闘に、ハラハラ、ドキドキさせられること必至の本作。到着したポスタービジュアルでは、高層ビル群を舞台に、どんどん上昇してくる白いガスに追われる2人が映し出されている。


主演を務めたのは、『建築学概論』やミュージカル俳優としても活躍、“千の顔を持つ男”と言われるチョ・ジョンソク、さらに『コンフィデンシャル/共助』で映画デビューを果たし、本作が映画初主演となる「少女時代」ユナ。

チョ・ジョンソクは無職の青年ヨンナムを、ユナは山岳部の後輩ウィジュを演じている。

『EXIT』は11月22日(金)より新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。

シネマカフェ

「有毒」をもっと詳しく

「有毒」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ