カワサキ、4気筒エンジンの『ZX-25R』、スーパーチャージャー搭載のネイキッド『Z H2』初公開/東京モーターショー

10月23日(水)12時43分 AUTOSPORT web

 カワサキは、10月23日に東京ビッグサイトで開幕した第46回東京モーターショー2019で『Ninja ZX-25R』、『Z H2』、『W800』の3台をワールドプレミアした。


 初公開された『ニンジャZX-25R』は、完全新設計の並列4気筒エンジンを搭載した250ccクラスのスーパースポーツモデルだ。


 このモデルは、低中速回転域の豊かなトルク、高速回転域のパワーを両立。高回転エンジンならではのサウンドもチューニングされ鋭いエンジン音を体感できるという。

東京モーターショーで公開されたカワサキNinja ZX-25R
東京モーターショーで公開されたカワサキNinja ZX-25R


 また、スーパーバイク世界選手権(SBK)など、レース活動で培った技術などが投入され、250ccクラス初のフロントサスペンションシステム(SFF-BP)が採用。パワーモードの変更もでき、カワサキトラクションコントロール(KTRC)、カワサキクイックシフター(KQS)といったライダーサポート技術も充実している。


 現時点では249cc水冷4ストローク並列4気筒DOHCバルブエンジンであることはわかっているが、最大トルクや最大出力は発表されておらず、発売時期なども未定である。

東京モーターショーで公開されたカワサキZ H2
東京モーターショーで公開されたカワサキZ H2
カワサキZ H2にはスーパーチャージャーが搭載
カワサキZ H2にはスーパーチャージャーが搭載


『Z H2』もワールドプレミアモデルとして公開された、998cc水冷並列4気筒バランス型スーパーチャージドエンジンを搭載した大型バイク。先月から3本のティザー映像が公開され話題を集めていた。


 スーパーチャージャーが搭載されたパワーあるエンジンだが、同モデル専用のセッティングが施されたことで、低中速回転域は市街地でも扱いやすいトルクフルでスムーズな加速感を実現している。


 もちろん高出力と強烈な加速力は健在であり、優れた燃費性能を発揮するという。


 Z H2にも、SFF-BPを採用し、軽快なハンドリング性能や高い剛性が両立。日常でも扱いやすく、フルカラーTFT液晶のインストゥルメントパネル、スマートフォン接続機能などライダーサポートシステムが搭載された。


 W800は、1966年にカワサキ初の大排気量バイクとし登場したWシリーズの血脈を受け継いだレトロモデルで、昨年発売されたW800 CAFE/W800 STREETと同様の扱いやすさがあるという。


 773ccの空冷バーチカルツインエンジンの鼓動とサウンドが特徴で、外観はシルバー仕上げのエンジン、クロームメッキやスチール製パーツなどで仕上げられている。


 そのほか、第46回東京モーターショー2019のカワサキブースには、2019年鈴鹿8時間耐久ロードレースの優勝マシンやレーシングスーツとトロフィーなども展示されている。

東京モーターショーで公開されたカワサキZ H2
東京モーターショーで公開されたカワサキZ H2
第46回東京モーターショー2019 に展示されている鈴鹿8耐のカワサキ優勝マシン
第46回東京モーターショー2019 に展示されている鈴鹿8耐のカワサキ優勝マシン
第46回東京モーターショー2019 カワサキブースの様子
第46回東京モーターショー2019 カワサキブースの様子
第46回東京モーターショー2019 カワサキブースの様子
第46回東京モーターショー2019 カワサキブースの様子
東京モーターショーで公開されたカワサキNinja ZX-25R
東京モーターショーで公開されたカワサキNinja ZX-25R
カワサキW800
カワサキW800


AUTOSPORT web

「エンジン」をもっと詳しく

「エンジン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ