レッドブル・ホンダF1、シーズン途中でドライバーを変更。ガスリーを外し、フェルスタッペンのチームメイトにアルボンを起用

8月12日(月)20時16分 AUTOSPORT web

 レッドブル・レーシングは12日、2019年F1第13戦ベルギーGPから、ピエール・ガスリーをスクーデリア・トロロッソに戻し、代わりにトロロッソのルーキー、アレクサンダー・アルボンをマックス・フェルスタッペンのチームメイトとして起用することを発表した。


 今年レッドブルに昇格したガスリーは、現役ベストともいわれるフェルスタッペンとのパフォーマンス差に苦しみ、そのギャップを縮めることができないまま、シーズン前半戦を終えた。開幕からわずか数カ月で解雇説が浮上するなか、レッドブル首脳陣はそれを否定してきたが、サマーブレイクに入った直後、ドライバー交代の決断を下したことを正式に明らかにした。


 チームはドライバー変更の理由について詳細は述べておらず、「レッドブルは他チームとは異なり、4人の才能あるF1ドライバーと契約し、彼らをレッドブル・レーシングとトロロッソの間でローテーションすることができる」とのみ説明した。


 レッドブルは今季残り9戦でアルボンのパフォーマンスを評価し、2020年のフェルスタッペンのチームメイトに誰を起用するかを決めるということだ。


 アルボンは2018年にFIA F2選手権でランキング3位を獲得、今年トロロッソに起用され、F1デビューを果たした。ほとんど準備期間がないままF1シーズンに臨んだものの、アルボンは高い適応力を見せ、優れたパフォーマンスを発揮、今年のF1ルーキーのなかでも高い評価を受けている。


AUTOSPORT web

「レッドブル」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「レッドブル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ